2015年版は、『MOTHER2 ギーグの逆襲』とのコラボレーションカバーとして、さいしょの街“オネット”も登場することが先行公開されたデザインの中から明らかになっている『ほぼ日手帳2015』ですが、22日、全76種類のラインナップが本発表となり、オネットも含めてデザイン詳細を確認することができるようになりました。

“Onett”のデザインは、町のようすと町の西にある「くちばし岬」が一枚のカバーになっていると、テキストで紹介されていましたが、詳細発表により表も裏も内側もカバー全体の様子が判明。内側はネスのリュックサック色、明るいイエローで統一されている中に、ほぼ日のタグとMOTHER2のロゴも見ることができます。

ほぼ日手帳2015 - Onett(MOTHER2)

また、おまけで付いてくる『MOTHER』色の赤い「どせいさん下敷き」のデザインも。

どせいさん下敷き

販売開始は2014年9月1日で、ほぼ日ストアでの価格は「カバー&本体セット」が4,752円、「カバー」単体が2,592円となっています(それぞれ税込、配送手数料別。国内配送手数料は全国一律756円)。

「カバー&本体セット」は、手帳カバー&下敷き、カバー・オン・カバー、手帳本体オリジナル(A6、文庫本サイズ)に加えてWEB SHOP購入特典(ティッシュシェルやボールペン)付き。「カバー」単体は手帳カバー&下敷き、カバー・オン・カバーのセットとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で