2014年3月22日から28日までの間、t011.orgで期間内に公開した記事を中心として、アクセス数やSNS等で多くの注目を集めた記事を10本ご紹介。

今週はソーシャルメディアでいつも以上に多くの反響を得た記事が複数あり、それらを中心にお届けしたいと思います。

目次:

サイト内人気記事10選(2014.3.22-3.28)

1. 任天堂、3DSのUnity対応に取り組む

ニンテンドー3DS LL
Facebookを中心に反響の大きかった記事。ハードルは低く無さそうですが、実現に期待です。

2. 『Jet Set Radio』や『ミラーズエッジ』に影響を受けた一人称視点のパルクールアクション『Hover: Revolt of Gamers』がWii Uに対応。『JSR』のコンポーザー長沼英樹氏も参加

Hover: Revolt of Gamers
面白そうなテーマな上に、長沼サウンドも聴けてしまうんだ。期待。

3. Wii U『ソニックロストワールド』の任天堂コラボDLC、第2弾は『ゼルダの伝説』。ソニックとリンクが共演

ソニック ロストワールド - ゼルダの伝説 ZONE
以前から発表されていた、任天堂キャラクターコラボの第2弾が遂に発表。『ゼルダの伝説』の世界をソニックが走り回ります。

4. Wii U VC、GBAタイトルの取扱説明書は当時のオリジナルバージョンを使用

懐かしい、当時の取扱説明書がVCページで公開されています。

5. 『スーパードンキーコングGB』が3DS VCで登場。SFC版の復活にも期待

SFC版は配信終了していますが、GB版が3DS VCで登場します。

6. 任天堂が語るWii UにおけるUnityタイトルの充実「50以上のタイトルが控えている」

Unityを使用したタイトルだけで50以上、その他エンジン製のものも含めると、海外では100以上のタイトルが控えていると言われています。

7. Wii U『Swords & Soldiers II』、ゲーム画面も確認できるReveal Trailer

横スクロールRTSの新作。『1』もHD版としてWii Uでリリース予定であることが発表されています。

8. 『ワンピース アンリミテッドワールド R』、国内でもPS3、Vita、Wii U版が発売。3DS版は超大型アップデートを予定

海外で発表された『アンリミR』のPS3/Vita/Wii U版。国内でも発売されます。

9. コナミ、『ワールドサッカーウイニングイレブン2014 蒼き侍の挑戦』を発表。「Jリーグ」「ジャパンチャレンジ」を予め収録

4年に1度の『蒼き侍の挑戦』が今年も発売されることとなりました。3DS版も用意され、任天堂プラットフォーム向けの『ウイイレ』としては、初めて「J.LEAGUE」が収録されます。

10. Wii U『マリオカート8』デザインのハンドルとGamePad保護カバー、HORIから発売

周辺機器メーカーのHORIから『マリオカート8』関連プロダクトが発表されています。

PickUp: ビデオゲーム版『レゴ ニンジャゴー』シリーズ3年ぶりの新作『LEGO Ninjago: Nindroids』が発表。3DS/Vita向けに今夏海外発売

海外ではビデオゲーム版も人気のレゴ。『ニンジャゴー』シリーズの新作が発表されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で