2013年12月28日から2014年1月3日までの間、t011.orgで期間内に公開した記事を中心として、アクセス数やSNS等で多くの注目を集めた記事を10本ご紹介。


年末年始の休暇時期、掲載する記事もそれにともない縮小。大きな話題もそれほどない時期ですしね。そんな中、『Gunman Clive』の売上報告や『ポケサカ』×『ジャイキリ』コラボ第2弾、GOTY記事などが注目を集めました。

サイト内人気記事10選(2013.12.28-2014.1.3)

1. 『Gunman Clive(ガンマンストーリー)』の累計DL数が25万件を突破。大半を3DS版が生成

Gunman Clive
日本からのダウンロードがだいたい半数を占めているそうです。

2. 『ポケサカ』×『ジャイアントキリング』コラボ第2弾は大阪ガンナーズ。志村、窪田ら選手やダルファー監督、超攻撃的なフォーメーションが配信

ポケサカ × GIANT KILLING - 大阪ガンナーズ
パート2。今回は前回のETUよりドロップ率が高かったような?気がします(全員獲得したわけではないですけれど)。ジャイキリとのコラボはパート3も予定されています。

3. 任天堂、eショップの「歳末感謝・新春初売キャンペーン」を延期

nintendo 任天堂 ロゴ
eショップの接続障害を受け、セールの延期が発表されました。

4. 今週のGIANT KILLING #314(モーニング2014 No.4・5)

ETUは名古屋と対戦中です。

5. 任天堂、3DS eショップの利用時間制限を解除。『ポケモンバンク』は後日配信再開

暫定ですが、年内に全日復旧。Twitterアカウントが更新通知以外に利用され、わたわたしてる様子が伝わってくるようでした。

6. Eurogamerが選ぶ2013年のゲーム・オブ・ザ・イヤー、Wii U『スーパーマリオ 3Dワールド』が受賞

辛口で知られるEurogamerがGOTYに『スーパーマリオ 3Dワールド』を選出しました。

7. 2013年12月第3週のソフト売上ランキング、クリスマス直前週は『パズドラZ』『ポケモンXY』が2週連続で1位2位独占。総売上は盛り上がりを欠くなど

国内市場の2013年クリスマス商戦は、10年来で最低水準の数字でした。パッケージ市場は正念場です。

8. 『スチームワールド ディグ』のImage & Form、シリーズのWii U展開を検討

海外タイトルの国内配信が増えてきた3DS DLソフト、Wii U向けが増えることも期待したいです。

9. 「ザ・イヤー・オブ・ルイージ」延長戦、Wii U『Dr.LUIGI & 細菌撲滅』の北米版トレーラー

「ルイージの年」関連プロジェクトはもうちょっとだけ続きます。

10. GameTrailersが選ぶ2013年のゲーム・オブ・ザ・イヤー、任天堂部門は『スーパーマリオ 3Dワールド』が受賞

GameTrailersのGOTY任天堂タイトル部門は『スーパーマリオ 3Dワールド』が受賞しました。

PickUp: Wii UブラウザでYouTube映像が再生できない問題を解決する1つの方法

ちょくちょく、見られなくなるWii Uブラウザ経由のYouTube。その問題を解決する方法です。他の映像サイトが視聴可能になる場合もあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で