2013年12月7日から13日までの間、t011.orgで期間内に公開した記事を中心として、アクセス数やSNS等で多くの注目を集めた記事を10本ご紹介。今週は『スマブラ for Wii U』発売時期確定か?といった記事や3DSの本体システム更新、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』情報が多くの注目を集めました。

目次:

サイト内人気記事10選(2013.12.7-12.13)

1. Wii U『マリオカート8』と『大乱闘スマッシュブラザーズ』は来春発売。独任天堂GMがコメント

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
任天堂ドイツのGMが、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の発売時期を「2014年春」とコメントしたと報じられました。ただ、2位の記事でもあるのですが、その後任天堂公式よりこの情報は引用の誤りであると否定され、報じたドイツメディアの記事も修正されました。

2. 任天堂、2014年春予定とするネット上の『スマブラ for Wii U』発売情報を否定

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
「2014年春」予定と報じられた『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の発売時期ですが、引用箇所の誤りであると任天堂から声明が発表。報じたドイツメディアの元記事も「来春」から「来年」へと修正されました。

3. 任天堂、3DS本体のシステムバージョン「7.0.0-13J」をリリース。NNIDやMiiverseに対応、引っ越し回数上限も撤廃など

ニンテンドー3DS LL ホワイト
ニンテンドーネットワークIDの実装により、MiiverseやWii U eショップとの残高共有などに対応しました。

4. Wii U/3DS eショップなど任天堂ネットワークサービス、サーバー障害でサービス停止中 *復旧しました

3DS本体のシステムバージョン「7.0.0-13J」リリース後、任天堂の想定を上回る膨大な登録処理が発生したためにニンテンドーeショップ等がダウン。半日以上も繋がらない事態となりました。

5. モノリスソフト、受託タイトルが増えるもメインの開発はWii U向け新作。米任天堂レジー社長がコメント

任天堂タイトルの部分受託でちらほら名前を見かける、子会社のモノリスソフトですが、メインのWii Uソフト開発の進捗に影響を与えることは殆ど無いということです。

6. 今年遊んで面白かったゲーム 3タイトル #2013game

t011.orgが選ぶゲーム・オブ・ザ・イヤー、今年は『ピクミン3』を選出しました。

7. 米任天堂、Wii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』の第4の操作キャラ「クランキーコング」を正式発表。北米発売日も再決定

VGXにて、任天堂アメリカのクランキーレジー、もといレジー社長から直接、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』に操作キャラとしてクランキーコングを収録するが発表されました。

8. Wii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』、特徴が異なる6つの島のステージ構成やキャラクター選択など新たな詳細

『ドンキーコング トロピカルフリーズ』のステージ構成やキャラクターの選択方法など新たなディティールが公開されました。

9. フライハイワークス、Wii U『Armillo』『GIANA SISTERS TWISTED DREAMS』ローカライズを発表

海外ゲームのローカライズで知られるフライハイワークスが、予告していたWii Uソフトのタイトルを発表しました。1本かと思われていたところで2本も。

10. 3DS『星のカービィ トリプルデラックス』公式サイトが更新。立体視を活かした奥行きあるステージ設計や新能力「ビッグバンすいこみ」、やり込み要素が公開

1月11日発売なので、おそらく任天堂の2014年第1弾タイトルになるだろう『星のカービィ』最新作。発売まであと1ヶ月というところで情報が解禁され始めました。

PickUp: GameStop、『MOTHER2 ギーグの逆襲』などWii U/3DSバーチャルコンソールの取り扱いを開始

EarthBound(MOTHER2 ギーグの逆襲)
ゲーム小売大手のGameStopが、『MOTHER2 ギーグの逆襲』をはじめとするWii U/3DSバーチャルコンソールの取り扱いを開始しました。店舗、オンラインいずれでもダウンロードコードを購入可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で