2013年11月2日から8日までの間、t011.orgで期間内に公開した記事を中心として、アクセス数やSNS等で多くの注目を集めた記事を10本ご紹介。今週は発売が迫る『ウイイレ2014』や『ゼルダの伝説』の最新トレーラー、『スーパーマリオギャラクシー』がEurogamer「Game of the Generation」で最も偉大なゲームに選出された記事などが注目を集めました。

目次:

サイト内人気記事10選(2013.11.2-11.8)

1. 『ウイイレ2014』、“SAMURAI BLUE ”サッカー日本代表の活躍やACL出場Jクラブを紹介する最新トレーラー

WinningEleven2014_02
『ウイイレ』シリーズ最大の特徴でもある、日本代表の収録を特色とするほか、ACL出場Jクラブを紹介する最新トレーラーが公開されました。ACLの収録はPS3版のみ。

2. 海外版ウイイレ『PES 2014』、移籍反映やフェイス追加などデータパックの詳細

PES 2014 - DP 2
日本ではまだ発売もされていませんが、海外ではデータパックの話題に。移籍反映や800以上の選手フェイスの追加、11vs11の実装などが盛り込まれる見込みです。

3. マリオか新作か。Wii U『スーパーマリオ 3Dワールド』の開発を終えた任天堂東京制作部の気になる次回作

スーパーマリオ 3Dワールド
以前にも話が出ていた、任天堂・小泉氏が関わっているという別プロジェクト。東京制作部の次なるタイトルも、開発は順調に進められているようです。

4. 3DS『ブレイブリーデフォルト』、アニエスのフィギュアやアートブック、サントラCD等が付属する海外版デラックスコレクターズエディション詳細

ヨーロッパではわりと豪華な現物の予約特典がつくことでお馴染みですが、『ブレイブリーデフォルト』ではアニエスのフィギュアなどが付属します。

5. 3DS『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』、“ミュージック”“ゲームプレイ”2本の北米トレーラー

国内よりも早く、11月22日に発売となる北米地域ではプロモーションも本格化してきています。

6. 『Call of Duty: Ghosts』に『ゼルダの伝説』のイースター・エッグ

人気FPSシリーズCoDの最新作に、『ゼルダの伝説』のイースター・エッグが収録されていることが発見されました。遊び心がありますね。

7. 任天堂、「来年はゲーム上級者向けに強くアピールするWii U向けタイトルが複数ある」

消化ペースの早いゲーマー向けのタイトルこそ、集中的に投入して注目を集め、その後も定期的にリリースする必要があります。

8. 3DS『すれちがいMii広場』の4つの追加ゲーム、2013年9月末までに売上11億円強。最低でも220万件以上のDL数に

今のところ販売金額の中心は国内のようですが、海外でも発売が開始されたことで、良い勢いを保てているようです。

9. Eurogamerが選ぶ「ゲーム・オブ・ザ・ジェネレーション」、1位はWii『スーパーマリオギャラクシー』

任天堂に辛口な記事も多い「Eurogamer」が選ぶ“今世代最も偉大なゲーム”を受賞したのは『スーパーマリオギャラクシー』でした。

10. 米任天堂、『ゼルダの伝説』『ピクミン』等のショートムービーをニンテンドービデオで配信

『ピクミン』のアニメーションは、宮本氏の口から計画が明らかにされているので、国内版も近々配信されるのかと思いきや、国内では『新パルテナ』の再配信が始まりました。

PickUp: 『ロックマン』シリーズの総販売本数が3000万本に到達

ロックマン
最近は新作が途絶えている『ロックマン』ですが、100万本の上乗せに遂に成功し、シリーズ累計3,000万本に到達しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で