2013年10月26日から11月1日までの間、t011.orgで期間内に公開した記事を中心として、アクセス数やSNS等で多くの注目を集めた記事を10本ご紹介。今週は国内クラブニンテンドーの会員特典や任天堂の旧作リメイクネタ、『マリオ3D』のサウンド、『ルイージマンション2』の国内累計100万本達成などが多くの注目を集めました。

サイト内人気記事10選(2013.10.26-11.1)

1. クラブニンテンドー2013年度会員特典、プラチナ会員特典は『ファミコンウォーズDS 失われた光』『クラブニンテンドーカレンダー』

clubnintendo_2013platinum_jpn
遂に発表された国内クラブニンテンドーの会員特典。幻のソフトだった『ファミコンウォーズDS 失われた光』が提供されるということもあり、アクセス数、SNSでの拡散数共に今週最大となりました。

2. 任天堂・宮本茂氏が語るこれからの『3Dマリオ』、『スーパーマリオギャラクシー』系統の新作が出る可能性も

スーパーマリオギャラクシー2
宮本氏は以前にも同じようなことを語っていますが、シングルプレイをメインとした『3Dマリオ』の発売される可能性も決して低くはないようです。

3. 任天堂・宮本茂氏が語る、『風のタクトHD』に続くさらなるHDリメイクの可能性

ゼルダの伝説 風のタクトHD
N64タイトルをリメイクか?という噂が出た後すぐということもあって、注目を集めた記事。任天堂が直接手がけると言うよりは、外部デベロッパーの経験や実績のために、過去作のリメイクを担当してもらう例はこれからも出てきそうです。

4. Wii U『スーパーマリオ 3Dワールド』、生演奏によるBGMを多数収録

『スーパーマリオギャラクシー』ではオーケストラ演奏が収録されていましたが、『スーパーマリオ 3Dワールド』ではビッグバンド風のジャズサウンドが特色。印象的な音楽が多数収録されていそうです。

5. 任天堂2013年4-9月のミリオンセラー、『ルイージマンション2』が191万本で国内累計100万本/世界累計300万本を突破など

2013年3月末で国内44万本を販売していた『ルイージマンション2』。4-9月で57万本をさらに販売し、国内累計100万本を突破しました。主演タイトルで見事ミリオンセラーの仲間入りです。

6. 任天堂・江口氏が語る『どうぶつの森』次回作、「構想は動き出しています」

10月で月のイベントも一巡し、次回作の展開が気になる『どうぶつの森』。プロデューサーの江口氏は、まずハードの選定からだと語りました。

7. PS3『ウイイレ2014』、リーグも復活した日本語版ゲームモード紹介映像

国内でも発売が迫る『ウイイレ2014』から、PS3版のゲームモード紹介映像が公開に。また1日には日本代表が見事なパスサッカーを見せる様子や、それぞれの選手達がクラブで躍動する様子を収録した最新トレーラーも公開されています。

8. 今週のGIANT KILLING #307(モーニング2013 No.47)

リーグ戦第25節、vs名古屋グランパレス。キレキレのペペに翻弄されるETUは同点に追いつかれるやいなや、あっという間に逆転ゴールを許してしまいました。

9. ルイージデザインの「Nintendo 2DS」は、ファンが自作したものと判明

「ルイージの年」だからって2DSでまでルイージデザインの本体が発売か!? と噂になったオリジナルのNintendo 2DS本体ですが、ファンメイドのものだったということで落ち着きました。

10. 英EDGE読者が選ぶ過去20年のベストゲーム、1位はN64『ゼルダの伝説 時のオカリナ』

任天堂が日米ほど存在感を示せない欧州の中でも、際だって苦戦しているUK地域ですが、そんなUKのゲーム誌「EDGE」が創刊20周年にかけて企画した過去20年のベストゲームで、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』が1位に輝きました。

PickUp: 任天堂・青沼英二氏、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』仕様のゴールド3DS LLを直接紹介

日本でも発売の決まった『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』仕様のゴールドなニンテンドー3DS LL。総合プロデューサーである任天堂の青沼英二氏が、直接この特別な本体を紹介しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で