3連休前の22日、札幌市冬の風物詩の1つ「さっぽろホワイトイルミネーション」が今年も開幕しました。32回目となる今年は42万個の電球が利用され、札幌市中心地の冬の夜を彩ります。


札幌市を含む北海道では、今年7%の節電目標が立てられており、イルミネーションの実施にも影響があるのではと不安に感じていましたが、昨年一部採用したバイオディーゼル発電区域をメイン会場全体に拡大してこれに対応。電球の数も昨年より2万個増加しています。

開催期間は、メインの大通り会場が11月22日から12月25日まで、駅前通りが11月22日から2013年2月11日まで、南1条通りが11月22日から2013年2月14日までとなっています。

メイン会場がクリスマスで終わってしまうので、帰省時期に間に合わないのがいつも残念です。せめて年内いっぱいの開催をお願いしたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で