米アマゾンが展開する電子書籍リーダー、タブレット「Kindle」が遂に日本でも発売開始されます。発売されるのは「Kindle Paperwhite」「Kindle Fire HD」「Kindle Fire」の3機種。Amazon.co.jpでは予約も受け付け開始され、Kindleストアは25日からオープンします。

Kindle Paperwhite

「Kindle Paperwhite」は電子書籍リーダーで、3Gモデルも同時に発売されます。価格は通常モデルが8,480円、3Gモデルが12,980円。発売予定は11月19日。3G接続は無料です。

212ppiのE Inkディスプレイを搭載し、くっきりとした白と黒のコントラストを実現。重量は222g。バッテリー寿命は1回のフル充電で8週間。

容量は2GBで、1000冊以上を保存可能とのこと。

フォントサイズは8種類、明朝orゴシックも選択可能。

Kindle Fire

7インチ(1,024×600、169ppi)ディスプレイ、Wi-Fiモデル。400g。

バッテリーは1回の充電で約9時間。
12月19日発売。価格は12,800円(8GB)。

Kindle Fire HD

7インチ(1,280×800ピクセル)ディスプレイ、395g
デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi接続

バッテリーは約11時間以上
16GB / 32GB
12月19日発売。15,800円(16GB)から

いずれのモデルも、Amazonで購入したコンテンツについては無料のクラウドストレージに保存が可能。

いよいよ上陸するKindleですが、iPad miniの値段を見たあとなだけに、PaperwhiteもKindle Fire HDも安くてびっくり。電子書籍を読んだ感じがどんなものなのか触ってみたいですね。Apple、Google、そしてAmazonとタブレット競争が国内でも激化していきそうです。

Kindle Fire HD
メーカー: Amazon Digital Services, Inc
発売日: 2012年12月19日
Kindle Paperwhite 3G
メーカー: Amazon Digital Services, Inc
発売日: 2012年11月19日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で