サッポロビールから5月18日に発売された所謂第3のビール「ホップ畑の香り」を偶然見かけたので飲んでみましたよ。

原料の一部に富良野産ホップで柑橘系の香りが特長の「フラノビューティ」を使っているとかさすがサッポロビール、道産素材への拘りが道産子心をくすぐります。

CMには、最近いい感じに綺麗になって個人的にも大好きな優香が起用されていますよ。


 「ホップ畑の香り」は、摘みたて生ホップの香りを再現できるサッポロビールの新技術「フレッシュアロマ製法」を採用してうんたらかんたら・・・。で、この香りを実現するまで2年かけて開発されたんだとか。フラノビューティにいたっては、14年かけて開発された希少品種だそうで、このあたりも拘りがすごいですね。

確かに爽やかでほんのり甘みを感じるいい匂いだし、味もさっぱりしていて後味もいい。サッポロはこのジャンルで「麦とホップ」を出していて、あれもかなりのクオリティですが、今回の「ホップ畑の香り」もいいですね。数量限定だなんて勿体ない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で