CL連覇という偉業を成し遂げるか?マンU。はたまたグアルディオラ監督就任1年目にして3冠なるか?バルサ。というチャンピオンズリーグ決勝戦。

自分たちのアイデンティティを最後まで貫いたバルサが殆どの時間帯においてマンUを圧倒。正直、こんなに圧倒的な差が出るとは予想していませんでしたが・・・・・・、先制点の大切さを改めて痛感しました。立ち上がりの勢いあった時間帯にマンUが先制出来ていれば、あるいは違った試合運びになったんだろうけど、もしくはこうなることを予想して試合開始からかなり前掛かりに来ていたのか。

シャビ、イニエスタの2人+メッシという組み合わせ。中盤の2人が完璧な技術でボールコントロール出来るのでマンU選手は迂闊に飛び込めない。ボールを回されて回されて、綻びが出ると一気にテンポを上げてくるバルサの攻撃に苦しみました。ボールを奪えたとしても、そこからバルサの守備が早い早い。

止める、蹴る。という基本的な技術を極めるとここまでやれるんだ。足下のパスばかりなんだけど受け手はきちんとスペースに動いているんですよね。まあ人がそれほどダイナミックに動くわけではなかったので、面白かったかどうかと言われるとそれほどでも無いんですが(マンUが冷静さを欠いていたせいもあるけれど)、技術の高さにはえらく感動しました。アンリが凡選手に見えてしまうくらい、前述の3人の技術は突出して見えたもんなあ。シュートみたいなパスを、次のプレーをしやすい位置にピタッと置ける。マンUのプレスも無かったかのように何気なくやっていたけれども、圧巻。

マンUは後半少し自分たちの時間帯に出来たけれども、フィニッシュの精度を欠いて得点ならず。途中からは諦めムードも漂っていたり。勝利への執着心をもっと見られるかと思ったんだけど。うーん、残念でした。

これでバルサはリーグ、国王杯、そしてCLと3冠達成。グアルディオラは就任1年目だけど、バルサのアイデンティティが染みついているからこそ、成し得ることが出来たのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で