t011.org の1年を振り返る「2016 Year in Review」。おかげさまで、今年も1年ブログを続けることができました。ありがとうございます。なんとか乗り切りました。

個人的に今年を振り返ってみると、年初にミニマリストの本を読んで共感した影響で断捨離を進めてきたはずなのに、この時期になると部屋にはすっかり物が溢れています。やり直し。

当ブログでは今年も任天堂に関する多くの話題を取り上げました。任天堂はスマートフォン事業の開始や Wii U の生産終了、そして新型ゲーム機「Nintendo Switch」の正式発表がありましたね。

Wii U の早期終了は寂しさも感じますが、据置型ゲーム機でありながら持ち運びもでき携帯型ゲーム機のように扱える Nintendo Switch でどんな遊びを提案してくるのか、非常に楽しみです。

新しく始まったニンテンドーアカウントや会員プログラムマイニンテンドーのサービス拡充も楽しみです。実際の店舗やサービスとの連携、ゲーム・アプリとの連携などなど、2017年は将来的に行う予定とされていたことの一部が実現しそうです。

さて、今年公開した記事の人気上位20本は以下の通りです。『ぶつ森』『ジャイキリ』『ポケモン サン・ムーン』『radiko(ラジコ)』『スプラトゥーン』関連の記事が上位に入りました。

2016年 年間記事ランキング トップ20

  1. 更新でさまざまな遊びがプラス、『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』で新しくできるようになったこと
  2. 『ジャイキリ』の休載が長期化、連載再開はいつになる?
  3. 3DS『ポケットモンスター サン・ムーン』が正式発表、初代VCからポケモンたちを連れてくることが可能
  4. ラジコ「タイムフリー」の注意点、3時間の聴取可能制限は“再生”時間ではなく再生開始からの“経過”時間
  5. 『とびだせ どうぶつの森』が今秋『amiibo』対応のアップデート、シオカラーズなど他キャラクターとのコラボ有り
  6. 「radiko (ラジコ)」に新機能 “タイムフリー” “シェアラジオ” 、10月より導入実験がスタート
  7. WiiU『スプラトゥーン』の野上Pが語る発売前の懸念や『2』についてのこと
  8. 2015年の国内家庭用ゲーム市場、8年連続前年割れ。ソフト市場は2000億円を下回る
  9. 『Pokémon Go』、想定以上の人気でサーバーに過負荷。日本を含め配信スケジュールが見直しに
  10. 「Nintendo Switch」PVで『ゼルダ』以外に明らかになったゲーム、『スカイリム』『3Dマリオ』『マリオカート』、そして『スプラトゥーン』
  11. 任天堂「『スプラトゥーン』の通常オンラインモードやサービスはラストフェス後も継続」
  12. ラストフェス閉幕後の『スプラトゥーン』、ナワバリ勝利ボーナスアップ、ジャッジくんからご褒美サザエ
  13. 夏まで延長、WiiU『スプラトゥーン』の追加アップデート情報。「ブキチセレクション」など
  14. 過去のどの作品とも異なる、任天堂『ゼルダの伝説』の主人公リンクの新たなアートワーク
  15. 3DS『Monster Hunter Generations(モンハンクロス)』が今夏海外発売へ、『FE』コラボでマルス装備も登場
  16. 任天堂・青沼氏、シリーズ30周年を飾るWiiU『ゼルダの伝説 最新作』は「驚いてもらえる、『時のオカリナ』のような“新しいモノ”ができている」
  17. 『ゼルダの伝説 BotW』、WiiU版とNX版のゲーム内容は同じ。しかし異なるビジュアルに
  18. 『ポケモンGO』、地域格差問題を解決へ。交換実装は時間がかかる可能性
  19. 『スプラトゥーン ウォーターガン』、ゲーム内に登場する「スプラシューター」がそのままのカタチでリアル水鉄砲になったでし
  20. 今から始める人も慣れた人にも、改めて参考になる任天堂・阪口Dが指南する『スプラトゥーン』上達のヒント

というわけで、2016年も色々ありました。2017年もアンテナを張って色々取り上げていけたらと思います。来年もよろしくお願いします。

それでは。皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で