t011.org(@t011org)で期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る週記。今回は12月19日~12月25日分です。この週末はクリスマスの3連休でした。クリスマスが3連休になるのは2011年以来5年ぶり。バタバタと慌ただしい最中ですが、3日の休みで気分転換できました。

国内サッカーは今シーズン最後のタイトル「天皇杯」の準々決勝が開催。今年のベスト8はすべてJ1所属チームで、初の3連覇がかかるガンバ大阪や今年のJリーグチャンピオン鹿島アントラーズ、昨年のJリーグチャンピオンサンフレッチェ広島、初タイトルを狙う川崎フロンターレなどが残りました。

そんな中、ベスト4に駒を進めたのは、横浜F・マリノス、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ、大宮アルディージャという顔ぶれ。準決勝は12月29日、横浜vs鹿島、大宮vs川崎が行われます。

クラブ内の不協和音が漏れ聞こえてくるなど、チーム環境が複雑なマリノス。中村俊輔が復帰してきましたが、CWCの経験で一段レベルアップしたように見える鹿島を相手にどう戦うのか。風間体制での有終の美を飾りたい川崎は、堅守の大宮をどう攻略するのか。注目です。

さて、今週の記事でトップは「任天堂『ゼルダの伝説 BotW』のリンクのコンセプトアート2点、初期はトゥーンリンクのような顔立ちも」でした。このアートは海外任天堂が公開したもので、デザインの変遷がなかなか興味深いものとなっています。

今週の人気記事10選(2016.12.19-12.25)

  1. 任天堂『ゼルダの伝説 BotW』のリンクのコンセプトアート2点、初期はトゥーンリンクのような顔立ちも
  2. 任天堂、『スーパーマリオラン』に追加コンテンツの予定「計画にない」
  3. 初代『ゼルダの伝説』のハイラルが3Dプリントによって緻密に立体再現
  4. ハリウッド映画にも携わるプロが手がけた、『ゼルダの伝説』テーマのビリヤード台
  5. 米任天堂とサウスウエスト航空が再びコラボ、New3DS LLと『スーパーマリオメーカー』を乗客にプレゼントするサプライス
  6. PS4/3DS『ドラゴンクエストXI』のOP映像や実機映像、任天堂は Nintendo Switch 版の発売を認める
  7. ゼルダ30周年記念書籍第2弾:『HYRULE ENCYCLOPEDIA: ゼルダの伝説 ハイラル百科』は2017年2月に発売
  8. WiiU『スーパーマリオメーカー』、『脳トレ』川島教授の“顔”がキャラマリオに
  9. 3DS『ポチと!ヨッシー ウールワールド』の『amiibo』要素、WiiU版も「ポチ」対応のアップデート
  10. 『スーパーマリオラン』が世界5000万DLを突破

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で