t011.org(@t011org)で期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る週記です。今回は12月12日~12月18日分です。

鹿島アントラーズがレアル・マドリードを相手に大健闘

「FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016」の決勝戦が18日に開催。

オセアニア王者のオークランドシティ、アフリカ王者のマメロディ・サンダウンズ、南米王者のアトレティコ・ナシオナルを撃破し決勝まで駒を進めた開催国王者の鹿島アントラーズが、ヨーロッパ王者のレアル・マドリードと対戦。日本の鹿島が欧州最強クラブをあと一歩のところまで追い詰める大健闘を見せました。

試合は延長戦までもつれ、最後はクリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを決められクラブ王者にはあと一歩届きませんでしたが、Jリーグのチームも決して劣ってはいないぞ、世界と戦えるぞということを示してくれた素晴らしい試合でした。

今大会ではせっかくビデオ判定(ビデオ・アシスタント・レフリー、VAR)というサッカー界において画期的なシステムを導入したのだから、決勝戦でもいくつかあった疑惑の判定の時に使っていけば良かったのにとは思いますが。このシステムはまだスタートしたばかり。試合の流れを妨げないように今後も改善が続けられていくことでしょう。

さて、本サイトの今週の人気記事。今週のトップは「ポケモンGO:地方でもポケモン出現数が増加」という記事でした。発表は海外の公式アカウントが行ったものですが、日本でも最近はポケモンたちの出現の仕方が以前と変わっているように感じます。

その他元レアのベテランスタッフ達が手がける『Yooka-Laylee』の Wii U 版キャンセル & Nintendo Switch 対応や、「World of Nintendo」のラインナップに『スプラトゥーン』のインクリング「ボーイ」フィギュアが登場などの記事が人気でした。

今週の人気記事10選(2016.12.12-12.18)

  1. ポケモンGO:地方でもポケモン出現数が増加
  2. 『バンカズ』後継アクション『Yooka-Laylee』が Nintendo Switch に対応へ、WiiU 版は「予期せぬ技術的な問題」によりキャンセル
  3. 海外の任天堂公式ライセンストイ「World of Nintendo」、『スプラトゥーン』からボーイのアクションフィギュアが登場
  4. 『スーパーマリオラン』後におすすめしたい『スーパーマリオ』ゲーム
  5. まもなく25周年を迎える『星のカービィ』、25周年公式アカウントがTwitterにオープン
  6. NPD 2016年11月:『ポケモン サン・ムーン』がシリーズ歴代最高の出足、ミニファミコンは初月約20万台
  7. ポケモンGO:『金銀』のジョウト地方に登場する第2世代が解禁、赤い帽子のサンタピカチュウも期間限定で
  8. 任天堂、次世代WHF ’17 Winterで「Nintendo Switch」をプレイアブル出展。北米ではプレビューツアーやPAXで体験機会が用意
  9. NPD 2016年11月:『ポケモン サン・ムーン』がシリーズ歴代最高の出足、ミニファミコンは初月約20万台
  10. カプコン、ファミコンの『ロックマン』シリーズ6作品をスマホ向けに配信。「オート連射」や「自動チャージ」などの調整も

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で