t011.org(@t011org)で期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返っています。東京もずいぶん秋らしい気温の日が増えて、秋冬アウターを着ている人も増えてきました。そんななか、雪国育ちの自分は季節感のない服装。

さて、今週のトップは「「Nintendo Switch」の画面サイズや解像度、マルチタッチ採用などが報じられる」という記事でした。

欧州のゲームメディア Eurogamer が報じたこのニュース。任天堂から年内の続報は無く、真偽の確認は来年1月になります。最高性能を追うのではなく、価格やゲーム機としてのバランスを考た構成にしているのかなという印象。

その他、『ポケモンGO』のハロウィンイベントや『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のプレビュー、『モンスターハンターダブルクロス』発表、任天堂の決算関係の記事が人気でした。

Jリーグ、J1は浦和が2nd優勝、J2は札幌の足踏みで混戦に

Jリーグ、J1は浦和レッズが2ndステージ優勝を決めました。あとは川崎フロンターレとの年間勝点1位をかけた勝負。ただ最近の川崎の試合は見ててモヤッとする展開が多くて後味が悪いですね。ああいうことをして最終盤までもつれるように仕向けても盛り上がらないと思うのだけど。

J2はここにきて混戦になってきました。首位の北海道コンサドーレ札幌は、主力の離脱が相次ぎ今シーズン初の2連敗。ここ5戦で1勝2分2敗と調子が下降気味です。下位のロアッソ熊本を相手に気持ちの面でも後手に回り、どちらが上の順位のチームか分からないゲームになってしまいました。

メンタル面でもプレー面でもチームを支えていたベテラン陣のパフォーマンスが落ちているのも、シーズン終盤なのでやむを得ない部分もあるとはいえ気がかり。

一方、2位松本山雅と3位清水エスパルスは共に勝利。勝点78の札幌に対して松本は75、清水は72と差を詰めてきています。

今週の人気記事10選(2016.10.24-10.30)

  1. 「Nintendo Switch」の画面サイズや解像度、マルチタッチ採用などが報じられる
  2. 『ポケモンGO』でハロウィンイベント、一部ポケモンの出現率アップやアメの獲得数増
  3. 早くこの世界に飛び込みたい、「ゲームセンターDX」の『ゼルダの伝説BotW』プレビュー
  4. カプコンの「モンハン関連で200万本」は新作、『モンスターハンターダブルクロス』を3DS向けに投入
  5. 3DS『ポケモン サン・ムーン』、予約は『XY』を超えた『ORAS』をさらに上回る、体験版は350万DL突破
  6. 任天堂の2016年4-9月期、マリナーズ売却等で純利益3倍も本業のビデオゲーム事業は苦戦
  7. スプラシューターやダイナモ、ノヴァなど『スプラトゥーン』の「ブキ」8種類がかわいい食玩フィギュアに
  8. カプコンの2016年4-9月期は減収減益、海外版発売の『MHX』は累計410万本で『MH4G』や『MH4』に並ぶ
  9. 『Miitomo』のUUはまもなく1500万人、近日大幅アップデートも予定。「マイニンテンドー」も機能追加か
  10. 3DS『ルイージマンション2』が遂に世界累計500万本突破

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で