t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は11月23日~11月29日分です。

今年も残すところあと1ヶ月。北米ではサンクスギビングデーからのブラックフライデーといよいよ本格的なホリデー商戦が開幕。日本の本番はまだこれからといった感じですが、この冬最大の目玉タイトル『モンスターハンタークロス』が発売されましたし、盛り上がりを期待したいところ。

サッカーJリーグ。J1ではチャンピオンシップが、J2・J3では昇格プレーオフや入れ替え戦が行われています。チャンピオンシップに関しては賛否の否の方の意見が多くありますが、僕も2シーズン制のチャンピオンシップは反対ですが、浦和レッズとガンバ大阪の試合は、引き締まった見応えのある内容に。こういう舞台を、どう批判の少ない形で実現していくか。ゼロックススーパーカップのような形の試合を年末に持ってこれないんでしょうかね。

福岡vs長崎、愛媛vsC大阪というカードとなったJ2のJ1昇格プレーオフは、順当にリーグ戦上位チームが勝ち抜けるという結果に。決勝は福岡vsC大阪となりました。福岡が5年ぶりにJ1へ復帰するのか。あるいはセレッソが復帰を果たすのか。決勝戦は12月6日に。J2・J3入れ替え戦第1戦は2対1で町田が勝利。敗れた大分は退場者も出し、残留が厳しくなりました。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.11.23-11.29)

1. フライングか誤掲載か、WiiU『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』商品ページから“リモコン操作”も含めた対応コントローラ情報が削除

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD

スウェーデンの任天堂公式サイトにて、リモコン操作対応と掲載された『トワプリHD』ですが、その後に情報が削除。再び未定に。

2. 本体セット付属品を紛失・廃棄した場合にどうぞ。任天堂オンライン販売で「Wii U GamePad」の単体販売が開始

Wii U GamePad White

「任天堂オンライン販売」にて、Wii U GamePadの単品販売が遂に開始。ただし、複数接続を実現するものではなく、GamePadを紛失や廃棄してしまった場合を想定して販売されるもの。

3. WiiU『ドットペイント』、ピクセルアート(ドット絵)を気軽に作成できるペイントソフト

ドットペイント

ドット絵の制作に特化したペイントソフトがレイニーフロッグから発売されます。

4. Shin’enの高速SFレース、WiiU『FAST Racing NEO』の国内配信が決定。アークシステムワークスから今冬リリース

『F-ZERO』のような、近未来を舞台とする高速SFレーシングゲーム『FAST Racing NEO』の国内配信が決定しました。わーい。

5. 米Target、感謝祭のオンライン販売が過去最高に:WiiUもトップ3アイテムに入る好調な販売

北米ではいよいよ本格的なホリデー商戦が開始。ターゲットのオンライン販売では、『スマブラ』+『スプラトゥーン』バンドルが破格で販売されたWii Uは、トップセラーの1つとなる人気だったそう。

6. WiiU『スプラトゥーン』の「イカス号」もやってくる、任天堂の「ジャンプフェスタ2016」出展内容

「ジャンプフェスタ2016」への出展内容が発表。ここでも『スプラトゥーン』の大会が開催されます。

7. 今度は16ビット風、『Retro City Rampage』開発のVblankが続編となる新作『Shakedown Hawaii』を発表。Steam/PS/任天堂プラットフォームに対応

8ビットの見下ろし型クライムアクション『Retro City Rampage』の新作が発表されました。

8. 英国アカデミー賞チルドレン・アワード、WiiU『スプラトゥーン』がベストゲーム賞を受賞

British Academy Children’s Awards の最優秀ゲームに、任天堂から『スプラトゥーン』が選出されています。

9. 『ウイイレ2016』のデータパック第2弾は12月3日に配信へ。日本代表最新ユニフォームほか、夏移籍反映、スタジアム・スパイク・ボールの追加、フェイス更新など

ウイイレ2016』データパック第2弾の情報が国内でも解禁に。海外版『PES 2016』ではDP2.0のトレーラーも公開されました。

10. 3DS『ポケモンピクロス』は12月2日に配信開始、課金上限付きの基本プレイ無料ソフト

『ポケモンピクロス』の配信開始日が決定。基本プレイ無料ソフトですが、課金額に上限が設けられています。

PickUp: 2015年クリスマスプレゼント人気、親から子へは「知育玩具」が初の首位。13年連続1位の「ゲームソフト」抜く

バンダイ調べによる「今年のクリスマスに関する意識調査」。昨年まで13年間トップだった「ゲームソフト」は「知育玩具」に抜かれ2位に。今年は目玉タイトルに乏しいとはいえ、落ち込みが気になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で