t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は10月26日~11月1日分です。

今年はハロウィンが週末と重なり大盛り上がり。翌朝のゴミ拾いまでもがニュースとなっていましたね。そしてその翌日、11月1日からはクリスマス商戦が開始。今年も残すところあと2ヶ月。年末年始の飛行機予約が早くも軒並み完売となっていて、今年もピンチ。

四半期決算シーズン。任天堂からも発表がありましたが、スマホ展開第1弾が2016年3月期に延期となり、株価を大きく下げる展開となりました。

2連敗中のコンサドーレ札幌はジェフ千葉相手に2度のリードを許しながらラストプレーで決勝点。ホームでアグレッシブに攻め続け、勝点3をものにしました。力の差を見せつけられるときもあるけれど、ジェフの試合は見応えのある良いゲームになることが多い印象があります。どのチームともこのくらいの姿勢でやれたらいいのに。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.10.26-11.1)

1. 任天堂・青沼氏、WiiU『ゼルダの伝説』では既存オープンワールドジャンルに別の解釈を加えたいと改めて強調

ゼルダの伝説

現行機で大規模なオープンワールドアクションに取り組むのはこれが初となる任天堂ですが、どんな形に仕上がるでしょうか。

2. 『PES 2016(ウイイレ2016)』DP1.0の詳細、移籍反映、70以上の新規フェイス、ユニフォーム更新など

PES2016_DP1_03

10月29日にデータパック第1弾が配信されました。

3. チェックポイント設置や公式コース配信など、WiiU『スーパーマリオメーカー』に5つの新要素を追加する無料アップデート

スーパーマリオメーカー - 無料アップデート

コース作成の自由度が増す更新が行われます。

4. 任天堂の新会員サービス「My Nintendo(マイニンテンドー)」、ポイント付与に加えてクラウド上へのデータ保存や実店舗での特典提供も

クラブニンテンドーに代わる新会員サービスが遂に発表。ただ開始は来年に。

5. 『神トラ2』の数年後が舞台、主人公も同一人物など、任天堂開発チームが明かす『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』のタイムライン

『トライフォース3銃士』と『神々のトライフォース2』の興味深い関係。

6. 任天堂、2015年4−9月期は売上高2041億円、営業利益89億円と前期比プラスに。『amiibo』も売上増に寄与

amiibo』がローンチの勢いを継続し、売上に貢献する規模に。

7. 噂:任天堂、『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』で有料コンテンツを計画か。ソフト更新でDLCに対応

追加エリアやコスチュームを期待できるかもしれません。

8. WiiU『マリオテニス ウルトラスマッシュ』、隠し扱いだったほねクッパとクッパJr.参戦情報が早くも解禁に

隠れているようであまり隠れていなかったシークレットキャラ4名のうち、まずは2名の参戦が解禁に。

9. 任天堂の新アカウント「Nintendo Account(ニンテンドーアカウント)」、ユーザー単位でのおもてなしや公式サイトでのソフト購入など

新たなアカウントシステムが発表されました。

10. 任天堂のスマホアプリ『Miitomo(ミートモ)』、基本無料で楽しめるMiiを使った“ネタふりコミュニケーション”

任天堂のスマホ展開第1弾は、基本無料で楽しめる、Miiを使ったコミュニケーションアプリでした。

PickUp: セガ、今後の『ソニック』タイトルは過去作品により触発されたゲームに

全盛期の勢いを取り戻せるでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で