t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は10月19日~10月25日分です。

2連勝から2連敗となったコンサドーレ札幌。残り4試合で6位との勝ち点差は9ポイント。かろうじてまだプレーオフ進出の可能性を残してはいるものの、大分に敗れたことで2015シーズンはほぼ終了となってしまいました。

そろそろオフシーズンの選手の動向の方に興味の中心が移り始める頃ですが、はたしてチームの強化に向けた取り組みはあるのかどうか。人気選手の出場があったとしても、結局のところ勝利を見ることが出来ないのであれば、最後まで戦い抜く姿勢を見せられないのであれば、ファンからの支持は得られません。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.10.19-10.25)

1. WiiU『マリオテニス ウルトラスマッシュ』、あまり隠れてない隠しキャラ4名のシルエット。意外な人選も

WiiU_MarioTennis_UltraSmash_art

初期12名に加えて、隠しキャラもキャラクター選択画面でシルエットを見ることができるようです。あまり隠れてはいない様子。

2. NPD 2015年9月:米任天堂が販売成績を報告、『スーパーマリオメーカー』は初月44万本強、WiiU本体も倍増

スーパーマリオメーカー

『スーパーマリオメーカー』効果でWii Uの販売台数も倍増したようです。

3.ロゼッタ参戦や『amiibo』要素、対応コントローラなど、WiiU『マリオテニス ウルトラスマッシュ』の新たなゲームディティール

マリオテニス ウルトラスマッシュ - キャラクター

欧米任天堂からそれぞれプレスリリースが配信され、ゲーム詳細が明らかになりました。

4. 3DS向け本格TPS『IRONFALL -Invasion-(アイアンフォール インべーション)』、アガツマ・エンタテインメントから国内配信へ

3DSの性能を引き出したという本格TPS『IRONFALL』の国内配信が決定しました。

5. WiiU『マリオテニス ウルトラスマッシュ』、操作キャラとしてデイジーやワルイージ、テレサの収録を確認できる新トレーラー

『マリオテニス ウルトラスマッシュ』の新たな収録キャラクターが判明しています。

6. WiiU『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』はオンラインマルチ非対応、任天堂担当者がコメント

以前、ダミージャケットから判明した情報とは真逆の回答に。

7. 米任天堂、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』を使ったハロウィン映像“Aren’t You Forgetting Something?”

ハロウィン×ムジュラで何かが起こる?

8. 任天堂公式ライセンス、『ドンキーコング』の樽型3DS/DSゲームカード収納ボックス「Donkey Kong Barrel Game Card Storage」

海外の公式ライセンス商品は機能性だけでなくキャラ愛を感じるものも多く発売されます。

9. ゲームフリーク、スマホ版『ソリティ馬』が12月21日でサービス終了。未使用の「のべぼう」は払い戻しも

サービス開始から1年ほどで終了が決定しています。

10. 任天堂から『マリオ花札 黒・赤』が発売。クラブニンテンドー交換グッズとは異なる新デザイン

全てオリジナルデザイン、マリオ花札が発売されます。

PickUp: 任天堂、「スプラトゥーンシリーズ」など品切れの『amiibo』を追加出荷。11月上旬より

品切れとなっている『amiibo』もようやく再販が決定。年末年始に耐えられるような潤沢な供給を期待したいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で