t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は10月5日~10月11日分です。

SCEが国内だけでなく北米市場でもPS4を値下げすると発表(アメリカでは50ドル、カナダでは20カナダドル)。PS4は今世代をリードしているハードですから、ここでの値下げは今年のホリデーシーズンで一気に勝負を決めにきたなという印象です。

コンサドーレ札幌は小野の2試合連続得点もあって5月以来の2連勝。この日の2点は中盤の選手が上がってきてのゴール。シュート回数は少なかったけれど、走りこむ、前への意識が出ています。6位までの勝点差は5の9位。厳しいことには変わりありませんが、まだ可能性は残しています。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.10.5-10.11)

1. 任天堂、ゲームボーイソフトの3DS用VC開発を終了か。海外開発者がTwitterでコメント

ゲームボーイ

公式声明ではありませんが、最近のリリースペースを見ると納得できる話。

2. 2015年のホリデーシーズン、WiiU/3DSで最も期待されているのは『マリオ』でも『ゼルダ』でも『ポケモン』でもない意外なタイトル

任天堂 ソニー Microsoft

Wii U/3DSともに意外なタイトルが人気トップとなりました。

3. 任天堂、青沼氏も参加する3DS『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』のオンライン先行体験“試勇会”を開催

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士

計4回の開催が予定されています。

4. 『ソニックロストワールド』、PC版の発売で任天堂プラットフォーム独占が終了へ。事前購入特典に『ソニック&オールスターレーシング TRANSFORMED』

これまで任天堂プラットフォーム独占でしたが、Steamでの発売が明らかになっています。

5. 3DS『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』、3DS版『時オカ』『ムジュラ』等のグレッゾと任天堂の共同開発

携帯機ゼルダで実績を重ねるグレッゾが、新作の開発にも携わっています。

6. Web版Miiverseのレイアウトが大きく変更。広告表示も開始

今のところWeb版のみですが、Miiverseがマネタイズに動き始めました。

7. 2Dゼルダライクな『イトル・デューの伝説 失われた島と謎の城(Ittle Dew)』、国内WiiU版の配信日が決定

2Dゼルダライクなゲームが国内のWii U eShopでも配信。

8. ギリシャの販売代理店Nortec Multimedia、2015年限りで任天堂との契約を終了

長期のパートナーとの契約終了が発表されています。

9. WiiU版『Two Brothers』の海外配信に目処、デベロッパーが大幅遅延の理由を説明

大幅に遅れているWii U版ですが、問題が解消され、デベロッパーが直接移植を行って発売されるようです。

10. 3DS『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』のオンラインプレイは同一地域内に限定。他国とのマッチングは無し

残念ながら海外プレイヤーと一緒に遊ぶことは出来ないようです。

PickUp: 1時間で見違えた。ピンぼけ解消へ、iPhone 6 PlusのiSightカメラの交換プログラムに出してきた

長いこと悩まされていたiPhone 6 Plus カメラのピンぼけが解消。こんなに早く直るならもっと早くに修理に出せばよかったですね。初期保証期間内だったし。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で