アメリカのブランドコンサルティング大手のInterbrandが5日、2015年版の世界ブランドランキング上位100社「Best Global Brands」を発表しました。このランキングはグローバルな事業展開を行うブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので、発表は今年で16回目。

日本企業は6位に入ったトヨタのほか、ホンダ(19位)やキャノン(40位)、日産(49位)、ソニー(58位)、パナソニック(65位)の6社がランクイン。昨年100位ギリギリだった任天堂は2001年以来の圏外へ陥落。その一方、業績好調のレゴが82位に登場し、初めてトップ100入りを果たしています。

1位2位は3年連続でアップルとグーグルが占めました。アップルのブランド価値は前年比で43%増の1702億ドル、グーグルは12%増の1203億ドルでした。

2015 – Best Global Brands Top 20

  1. (1) アップル
  2. (2) グーグル
  3. (3) コカ・コーラ
  4. (5) マイクロソフト
  5. (4) IBM
  6. (8) トヨタ
  7. (7) サムスン
  8. (6) GE
  9. (9) マクドナルド
  10. (15) アマゾン
  11. (11) BMW
  12. (10) メルセデス・ベンツ
  13. (13) ディズニー
  14. (12) インテル
  15. (14) シスコ
  16. (16) オラクル
  17. (22) ナイキ
  18. (17) HP
  19. (20) ホンダ
  20. (19) ルイ・ヴィトン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で