X JapanのギタリストHIDE(ソロ名義ではhide)のソロ2枚目のアルバム「PSYENCE」をひっさげて行われた「PSYENCE A GO GO」ツアー。その最終日、96年10月20日に代々木第一体育館で行われたライブの模様を、全曲リマスタリングで完全収録したライブ・アルバム。MCや各ソロパートも含めてトータル3時間がまるっと収録されているのは圧巻。

PSYENCE A GO GO
hide - PSYENCE A GO GO ! [Volume 1
PSYENCE A GO GO
hide
発売日:2008.03.19
01. PSYENCE (SE)
02. POSE
03. BACTERIA
04. DAMAGE
05. BEAUTY & STUPID
06. 限界破裂
07. Cafe Le Psyence
08. FLAME
09. Cafe Le Psyence
10. FLAME 他(全3枚組)

hideの残した3枚のソロアルバムのうち、一番バランスが良くバラエティに富んだ「PSYENCE」のツアーということもあって、良い意味でごった煮な楽しいアルバムになっています。1stはまだXに寄りすぎていたし、3rdは未完成で終わっちゃったしね。後にSpread Beaverを結成することになるバンドメンバーもこの時点でほぼ揃っていて、はっちゃけちゃってます。

ライブならではのバンドサウンド、hideのユニークなMC、各自のソロと見所はたくさん。ライブ映像としては『UGLY PINK MACHINE file 1』『UGLY PINK MACHINE file2』や『ALIVE! 』も出ているんだけれど、より気軽にということでCD版もまたよいです。

「MISERY」から「TELL ME」の流れが好き。そして「限界破裂」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で