ワールド ワールド ワールド」と同時期に制作された楽曲達6曲入りのミニアルバム。

メロディアスになってアジカンも変わったなあという印象だった「ワールド ワールド ワールド」よりもちょっと、というかさらにポップでロック。どうしたんだと心配になってしまうくらいに。

B0017LII9G
未だ見ぬ明日に
ASIAN KUNG-FU GENERATION
発売日:2008.06.11
01. 脈打つ生命
02. サイエンスフィクション
03. ムスタング
04. 深呼吸
05. 融雪
06. 未だ見ぬ明日に

ですが、ポップなサウンドを吸収した上に従来サウンドを乗っけるオトが今のアジカンらしさだとするならば、このアルバムはアルバム「ワールド〜」よりもさらに”らしさ”の出た傑作。疾走感のある従来のアジカンらしさあり、新しいアジカンサウンドを模索するような実験色の強いモノあり。
コンセプトががっしりある中で曲が並べられるアルバムとは違い、1曲毎に自由な感じが伝わってくる。

1,2,5曲目は疾走感溢れるアジカンらしい曲達。3曲目のムスタング、深呼吸もGoodです。6曲目の未だ見ぬ明日にも必聴。あれ、全部だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で