1998年に発売された、スガシカオの2ndアルバムです。「日曜日の午後」から始まり、「愛について」や「リンゴ・ジュース」、「バクダン・ジュース」等が収録されていて、スガシカオの魅力が濃縮されたような楽曲の揃う、密度の濃いアルバムに仕上がっていると思う。

FAMILY
スガシカオ - FAMILY
FAMILY
スガシカオ
発売日:1998.06.24
01. 日曜日の午後
02. ストーリー
03. 愛について
04. ひとりごと
05. たいくつ/ゆううつ
06. リンゴ・ジュース
07. Happy Birthday
08. このところ ちょっと
09. バクダン・ジュース(生タイプ)
10. お別れにむけて

まだ2枚目だというのに、既に自分の世界を確立してしまっているスガシカオ。妖しさ漂う曲もこの頃から既にありますね。むしろ、今よりもこちらの方が、若さもあって毒気が強いような。

日常に潜むドロドロとした感情をスポイルしたようなものは、少なくとも今の曲では殆ど無いですからね。良いとか悪いとかではなく、好みの問題なんだろうけど。まあ、どちらでもいけますよ。

そんなヘヴィーな曲がひしめいている中で、

にぎやかな この街の空におもいきり はりあげた声は
どこか遠くの街にいるあの人への Happy Birthday

と、静かにしっとりと聴かせる名バラード「Happy Birthday」が逆に存在感を示しています。ラストの「バクダン・ジュース」から「お別れに向けて」の流れも好きですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で