遂に出たMaroon5の3rdアルバム。前作『It Won’t Be Soon Before Long』の方向性をいまいちに感じていた自分としては、今作『Hands All Over』は先行の「Misery」から期待が大きくて、舵を取り直した感じがピタっと嵌りました。


Hands
Hands All Over
Maroon 5
発売日: 2010.09.15
01. Misery
02. Give A Little More
03. Stutter
04. Don’t Know Nothing
05. Never Gonna Leave his Bed
06. I Can’t Lie
07. Hands All Over
08. How
09. Get Back In My Life
10. Just A Feeling
11. Runaway
12. Out Of Goodbyes with Lady Antebellum
13. Last Chance
14. No Curtain Call
15. Never Gonna Leave This Bed (Acoustic)
16. Misery (Acoustic)
17. If I Ain’t Got You (Live)
18. Crazy Little Things Called Love (Acoustic)
19. Wake Up Call (Live)

まあその前作のダンスポップな感じも聞き流す分にはそれほど悪くないかな、なんて今では思ったりもしてるんだけども。大ヒットした1st『Songs About Jane』のインパクトが大きすぎた事で2ndは同じ路線では作りにくかっただろうし、仕方無かったのかもしれないしね。

一聴してMaroon 5だと分かるメロディに、前に出すぎないファンクなギターも戻ってきた。さすがに聴き慣れているのであの頃のようなインパクトは無いけれど、1stと2ndとを上手く融合させたような感じがあっていい。ボーナストラックのカバー曲も素敵だ。ただMiseryのPVはちょっとどうかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で