オリジナルとしては2006年の『Naked』以来沈黙を続けてきた北海道江別市出身のR&B姉妹デュオSOULHEAD。avexにレーベルを移籍して、彼女達の約4年振りとなる新作アルバム『SOULHEAD』。彼女達らしさを残しつつ、ロックテイストな新境地も見せています。

SOULHEAD
SOULHEAD - SOULHEAD
SOULHEAD
SOULHEAD
発売日:2010.02.24
01. Show Time
02. Whatever
03. Cosmic Walking
04. 9Dayz
05. 限界ピストルズ
06. New Kicks
07. confession
08. Plunder
09. The Battle Of…
10. All My Dreamer
11. FANTASY
12. Pass the love
13. 大きな世界の小さな僕ら

ベストアルバムまではコンスタントにアルバムをリリースしてきていたのでこの4年は長かったけれど、結局ソニーからavexに移籍して再出発となりました。いやー、待ったね。とはいえアルバムの事は発売された後になってから知ったんですけどね。

移籍した影響なのか4年間の時間によるものなのか、曲がちょっと軽くなったような?ロックよりの「限界ピストルズ」や「Plunder」は、個人的にあんまり好みじゃないですね。「壊れそうなギリギリのeveryday」なんてサビでズッコケました。

とはいえ、これまでのようなノリのものもしっかり。「SPARKLE☆TRAIN」のような「Whatever」やアッパーな「Show Time」、この4年間への想いを込めた(と思う)「All My Dreamer」。乙女ハウスっぽいキラキラした「FANTASY」やクラブミュージックっぽい「Pass the love」なんかもあって、過去作品より自由度は広まっているんじゃないかな。好みは別として。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で