マイク・オールウェイ監修による、オザケンこと小沢健二と、小山田圭吾 a.k.a コーネリアスによるバンド(初期はメンバーは5人だったけど)フリッパーズ・ギターのベストアルバム。アルバム未収録曲や別アレンジ版が入っていたりしてとても好きな1枚です。

カラー・ミー・ポップ
Color Me Pop
フリッパーズ・ギター
発売日:1993.09.01
01. Hello/ハロー/いとこの来る日曜日
02. Coffee-Milk Crazy/コーヒーミルク・クレイジー
03. Exotic Lollipop (and other red roses)/奇妙なロリポップ
04. Friends Again/フレンズ・アゲイン
05. Camera! camera! camera/カメラ!カメラ!カメラ!(Guitar Pop Version)
06. Summer beauty 1990/ラテンでレッツ・ラヴまたは1990サマー・ビューティー計画
07. Southbound excursion/南へ急ごう
08. Young, alive, in love/恋とマシンガン(Live)
09. Love Train/ラヴ・トレイン
10. Cool spy on a hot car/クールなスパイでぶっとばせ(Live)
11. Slide/スライド
12. GROOVE TUBE PART.2/グルーヴ・チューブ・パート2
13. Love and Dream are Back/ラヴ・アンド・ドリームふたたび
14. cloudy (is my sunny mood)/クラウディー
15. big bad disco/ビッグ・バッド・ディスコ(スモーラー)
16. THE WORLD TOWER/世界塔よ永遠に

彼らの曲はいつ聴いても甘酸っぱい青春時代を思い起こさせてくれますね。例え自分が絵に描いたような青春を送ってきていないとしても、なぜだかそういう気持ちにさせてくれます。マジック。アルバム毎にスタイルを変化させてきたかれらだけど、時系列に沿っているわけでもない、ごった煮のようにコンパイルされているこのアルバムもなかなか味わい深いです。

中盤に収められている「Camera! camera! camera」「Young, alive, in love」「Love Train」「Cool spy on a hot car」「GROOVE TUBE PART.2」辺りが特に好きですね。「Cool spy on a hot car」はライブ版が収録されていて、スカパラこと東京スカパラダイスオーケストラがゲスト出演しています。今も昔もスカパラは格好いいですね。

「Camera! camera! camera」は、Guitar Pop Version。この曲がフリッパーズ・ギターで一番好きかなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で