スピッツ結成20周年を迎えた2007年に発売された12thアルバム『さざなみCD』。シングル「魔法のコトバ」「ルキンフォー」「群青」のイラストを手がけた福田利之氏が、本作でもイラストを担当している。

さざなみCD
スピッツ - さざなみCD
さざなみCD
スピッツ
発売日:2007.10.10
01. 僕のギター
02. 桃
03. 群青
04. Na・de・Na・de ボーイ
05. ルキンフォー
06. 不思議
07. 点と点
08. P
09. 魔法のコトバ
10. トビウオ
11. ネズミの進化
12. 漣
13. 砂漠の花

これだよこれ!というスピッツワールドが全開な全13曲。切なくてメロウで、そして優しくて暖かい絶妙なバランス。20年も活動を続けて居ながら、芯はぶれないというのかな、スピッツ自身がスピッツをリスペクトしているからこそ、素晴らしい作品を生み出し続けられているのだと思う。

12枚目の作品でも相変わらずの素敵な曲ばかりで、アルバム曲はどれもシングル曲が霞んでしまうほどの出来の良さ。マサムネさんの透明感ある声とメロディは健在でグッとくる。1曲1曲からエネルギーが伝わってくる大好きなアルバム。

1曲目の「僕のギター」から「Na・de・Na・de ボーイ」まで続くポップな流れもいいし、「P」や「砂漠の花」のようなしっとりとした曲も○。他の曲だって全部お勧め。そして聴く毎に魅力が増していく。スピッツは間違いない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で