クラムボンの2年ぶりとなる新アルバムは、セルフカヴァーアルバム「Re-clammbon」の第2弾。選曲するだけでベストアルバムとして出せるだろうけども、単に曲を切り貼りするだけではなく、新たなアレンジで再収録された曲達が活き活きとしていて素敵。

Re-clammbon2 (予約限定盤 DVD付)
Re-clammbon2
クラムボン
発売日:2009.06.03
01. Re-Re-シカゴ
02. Re-THE NEW SONG
03. Re-Bass,Bass,Bass
04. Re-意味はない
05. Re-Re-華香るある日
06. Re-090
07. Re-Folklore
08. Re-雨
09. Re-Re-サラウンド
10. Re-メロウトロン
11. Re-アホイ!

アルバム収録曲の中で最初に聴いた曲が、ラジオから流れてきた「Re-Re-サラウンド」だったので、全編エレクトロなアレンジになっているのかと思いきや、全然そんなことはなかった。むしろ逆で、アコースティックな雰囲気高めに仕上がっています。まあ、3ピースバンドなのだから当然っちゃ当然なのかも知れないけれど。それにしても素敵な声だなぁ。

爽やかなギターが特徴的な「Re-THE NEW SONG」パーティーチューンに仕上がっている「Re-Bass,Bass,Bass」音の海で泳ぐようなエレクトロサウンドの「Re-Re-サラウンド」切なげな余韻を残しつつアルバムを締めくくる「Re-アホイ!」が特にお勧め。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で