2007年12月に発売されたR&Bシンガー、May J.の1stフルアルバム『Baby Girl』。彼女のことは”NeOSITE DISCS”レーベルの10周年記念シングル『I Say Yeah!』で知ったのだけど、透明感のある綺麗な声なのに力強さもあって良い声だなあなんて思っていたのでした。

Baby Girl
Baby Girl
May J.
発売日:2007.12.05
01. DO tha’ DO tha’
02. MY GIRLS
03. DESTINATION(D.O.I. HIP HOP Mix) feat.TARO SOUL
04. Dear…
05. why why why…
06. Baila Conmigo
07. HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
08. YOU
09. Jealous Girl
10. Baby Eyes(DJ WATARAI Remix) feat.KEN-U
11. Feel the Sunshine
12. Don’t worry dear my boy
13. My Way,Your Way
14. LOVE BLOSSOM(FPM house mix)

そんな彼女の、ミニアルバムを経て発売された1stフルアルバムは制作陣も豪華。今井大介プロデュースの「DO tha’ DO tha’」だったり、ケツメイシのRYOJIも携わった4曲目「Dear…」だったり、他にもRhymesterのDJ JIN、冨田ラボ、Kjなどなど著名な人ばかり。

1枚目と言うことで、プロデューサー陣も曲の幅も広くて、彼女のポテンシャルを活かす多彩な内容になっているかと思います。14曲目のFPMによる「LOVE BLOSSOM」のハウスミックスこれが特に心地良い。イントロから進行もど王道な感じもするんだけど、それが良いんですよね。自然に盛り上がれる感じで。ピアノ系ハウスに弱いのでした。4曲目の「Dear…」もメロウなミディアムバラード。

“私らしく 笑い続けられるように
今 君らしく笑い続けられるなら dear…
出会っても 別れても 何度でも 色を塗り変えてゆく”

という歌詞。サビの一部ですが、曲とマッチして染みます。
13曲目のMay J.自身の作詞作曲によるピアノバラード「My Way,Your Way」も良いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で