『Rio de Emocion』『INDEPENDIENTE』と、2作続けてラテン色の強いオルタナサウンドだったDragon Ash。今回もそのラテンノリは踏襲しているんだけれど、過去2作とは何かが違う、それ以前の音と融合したような懐かしい空気も感じさせてくれます。

FREEDOM(初回限定盤)(DVD付)
FREEDOM
Dragon Ash
発売日:2009.03.04
01. Intro
02. Freedom
03. Desperado
04. Ordinary
05. Big Town Rhapsody
06. Velvet Touch
07. Mixture
08. 繋がりSUNSET
09. Dear Mosh Pit
10. Bonita
11. Episode 6 feat.SHUN,SHIGEO from SBK
12. La Bamba
13. 運命共同体
14. Outro

前作『INDEPENDIENTE』で少し和らいだとはいえ、前々作『Rio de Emocion』はかなりラテンの色が濃く、聴く人を選んでしまうアルバムでした。今作『FREEDOM』は、そのラテンロックを踏襲しつつも、より王道路線に回帰したような、聴きやすいアルバムになっています。

復活したSBKとの「Episode 6」もちょいラテンっぽいノリで楽しげ。SBKの方では鳴りを潜めていたSHIGEOのハイトーンボイスはこちらでは健在だった。SBKの「RETURNS」に5は収録されていますが、このシリーズももう6まで来ましたか。

最初から最後まで一気聴きな勢いのサウンド。お気に入りはシングル曲だけど「Velvet Touch」。聴いてるとEURO 08を思い出す。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で