Gorillaz復活っ!!な久しぶりの新作『Plastic Beach』。それほど期待していなかったというか、出るのを知ったのが発売間近だったりするので気持ちが高まる間も無く発売されましたが、今回は彼ら(ヴァーチャル・バンドの方の)の成長故か、過去作品よりも何だか明るくポップな感じになっていました。

B00347PLV4
Gorillaz - Plastic Beach
Plastic Beach
Gorillaz
発売日:2010.03.03
01. Orchestral Intro
02. Welcome To The World Of The Plastic Beach (feat. Snoop Dogg)
03. White Flag (feat. Kano & Bashy)
04. Rhinestone Eyes
05. Stylo (feat. Bobby Womack and Mos Def)
06. Superfast Jellyfish’ (feat. Gruff Rhys and De La Soul)
07. Empire Ants (feat. Little Dragon)
08. Glitter Freeze (feat. Mark E Smith)
09. Some Kind Of Nature(feat. Lou Reed)
10. On Melancholy Hill
11. Broken
12. Sweepstakes (feat. Mos Def & Hypnotic Brass Ensemble)
13. Plastic Beach (feat. Mick Jones & Paul Simonon)
14. To Binge (feat. Little Dragon)
15. Cloud Of Unknowing (feat. Bobby Womack)
16. Pirate Jet
17. Pirate’s Progress

Youtubeに公開された、ブルース・ウィリスが出演している「Stylo」のPVが瞬く間に記録的な再生回数を記録するなど、相変わらず話題に事欠きません。彼らの音が変化したのか僕が変わったのか最初は違和感あったんだけど、何度か回しているうちに馴染んできますね。まあでもやっぱりちょっとポップになりすぎた感じは否めないのだけれど。

アルバム前半はラップ主体。後半になるにつれて自由度が増していきます。南の島のスタジオというだけあってサーフっぽいものもあったりして、もうね、ほんと自由だよ。なんだよ、やっぱり全くかっこいいんだ。

「Rhinestone Eyes」「Stylo」「On Melancholy Hill」が特に後引く魅力でイイ感じ。「Some Kind Of Nature」のゆるさも素敵だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で