The Pussycat Dollsの3年ぶりのフルアルバム「Doll Domination」。今回も頭からアッパーな曲で飛ばしています。

1stの「Stickwitu」を越えるラブバラードは残念ながら見当たらなかったものの(個人的には)、will.i.amが参加した「Baby love」や「Happily Never After」「I’m Done」は素晴らしい美メロ曲。アッパーな曲では1曲目の「When I Grow Up」やが良いですね。

出てきた当初は色物的な見方でしたが、しっかり歌って、踊れて、そしてセクシーなアイコンとして存在感を示しています。

ドール・ドミネーション(初回生産限定価格)

Doll Domination
The Pussycat Dolls
発売日:2008.10.15
01. When I Grow Up
02. Bottle Pop (feat. Snoop Dogg)
03. Whatcha Think About That (feat. Missy Elliott)
04. I Hate This Part
05. Takin’ Over the World
06. Out of This Club (feat. R. Kelly, Polow Da Don)
07. Who’s Gonna Love You
08. Happily Never After
09. Magic
10. Halo
11. In Person
12. Elevator
13. Hush Hush
14. Love the Way You Love Me
15. Whatchamacallit
16. I’m Done
17. Lights, Camera, Action (feat. New Kids On The Block)
18. Baby Love (feat. will.i.am)
19. Perhaps Perhaps Perhaps

ゲスト参加も豪華で、アップテンポな曲とスローバラードが程よく散りばめられた良作です。1stのインパクトを越えろというのは酷な話か。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で