スガシカオの新アルバムは、自身の原点でもあるFunkに焦点を当てた傑作。
これまでもファンク要素はふんだんに含まれて居たように思うけど、本人曰く「ようやくFUNKを名乗るにふさわしいアルバムができたという自信作であり、老若男女沢山の人にFUNKのカッコ良さ、楽しさ、気持ちよさ、ヤバさを伝えることができるアルバムになったと思っています。」とのことで、よりファンクにぐいぐいと引っ張っていく。しかしユーザーを置き去りにすることもないポップとのバランスは見事だ。

「もちろん極上のデザート(バラード)付きのフルコースです」

FUNKAHOLiC(初回生産限定盤)(DVD付)
スガシカオ - FUNKAHOLiC
FUNKAHOLiC
スガシカオ
発売日:2008.09.10
01.バナナの国の黄色い戦争
02.NOBODY KNOWS(TBS TVアニメ「xxxHOLiC◆継」オープニングテーマ)
03.POP MUSIC (J-WAVE 20th ANNIVERSARY SONG)
04.プラネタリウム
05.Call My Name
06.FUNKAHOLiC
07.フォノスコープ(カネボウ化粧品T’ESTIMO CMソング)
08.潔癖
09.13階のエレベーター
10.コノユビトマレ(積水ハウス シャーメゾンTVCMソング)
11.sofa
12.宇宙

「コノユビトマレ」のような、スガシカオにしては珍しい前向きなメッセージソングがあったり、「バナナの国の黄色い戦争」のようなユニークな歌詞の曲があったり、これぞスガシカオ!というような「Call my name」「潔癖」のような曲もあり。

いつものような、心の内に内に深くえぐるような曲は少ないものの、FUNKとPOP、Rockのバランスを考慮してのものだろう。と思う。1曲1曲のクオリティはいつも通り高いものだ。どろっどろなシカオワールドを期待しているヘヴィーなファンには物足りなさも残るかもしれない。しかし、自分は意外とこういうスガシカオもいける。

ALL SINGLES BEST ライブ・ベスト・アルバム「ALL LIVE BEST」 PARADE Sugarless

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で