ライムスター イズ バック!「HEAT ISLAND」以来約4年振りとなるオリジナル・アルバム「マニフェスト」でいよいよキングオブステージが再始動ですね。外部のトラックメイカーからの挑戦状のような荒波トラックを軽く乗りこなすラップがえらく格好いい。さすがです。「HEAT ISLAND」の時に最高傑作って書いたけど、こりゃ超えちゃいました。

マニフェスト(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD [Limited Edition
マニフェスト
Rhymester
発売日:2010.02.03
01. 午前零時-Intro
02. ONCE AGAIN
03. H.E.E.L.
04. New Accident
05. 渋谷漂流記
06. Under The Moon
07. 付和Ride On
08. ライカライカ
09. K.U.F.U.
10. ちょうどいい
11. ミスターミステイク
12. Come On!!!!!!!!
13. ラストヴァース
14. ONCE AGAIN(Remix)(feat.DABO,TWIGY,ZEEBRA)

外部トラックの影響なのか、リリックもこれまでとはちょっと雰囲気が違ってますね。余計なものが削ぎ落とされてよりソリッドになったというかスマートになったような印象。これはボーカルでのフィーチャリングゲストが無いのも影響しているのかな。

DJ JINによるトラックで、サンバのようなトラックに強烈にシニカルな詞が乗る「付和Ride On」と、わりとフツーに言うと「工夫」と言う「K.U.F.U.」が超絶格好いい。

「ちょうどいい」みたいな緩いトラックや、「渋谷漂流記」のようなメロウなトラックも彼らならではですね。「ONCE AGAIN」「ラストヴァース」は言わずもがな。

「Under The Moon」「Come On!!!!!!!!」のトラックは特に渋めというか大人な感じで好き。ベテランだっつうのに守りに入らずまだまだ攻めの姿勢を失わないのが素敵だわ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で