先日、東京でも氷点下を記録した寒い朝がありましたが、北海道では-30℃越えだったとか。そんなピンと張った冬の澄んだ空気であったり、シンシンと降る雪であったり、針葉樹から雪がこぼれる落ちるような情景が浮かんできそうな音を奏でる札幌のバンド「sleepy.ab(スリーピー)」。彼らのメジャー1stアルバム「paratroop」です。

paratroop(冬季限定盤) [Limited Edition
paratroop - sleepy.ab
paratroop
sleepy.ab
発売日:2009.11.25
01. ダイバー
02. メロウ
03. ドレミ
04. ナハト・ムジィク
05. unknown
06. アクアリウム (album extended)
07. さかなになって
08. flee
09. インソムニア
10. メトロノーム
11. mori

サカナクションもそうですが、北国の冬を日常的に経験していないと出せないような音を出してくれるんですね。なのできっと、北海道大好きな道産子の僕は、寒いのは嫌だと思いながらもそれを思い出させてくれる彼らの音を求めてしまうんだろうな。寒いではなく痛いというような感覚が意外と好きだったりする。

「ダイバー」「メロウ」「ナハト・ムジィク」「アクアリウム 」「メトロノーム」の吸い込まれるような世界観が素敵。「flee」や「インソムニア」のような激しい一面を見せる曲もなかなかです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で