触れたもの、攻撃したものすべてをブロック状にピクセル化していく彼らに立ち向かうのは、元ゲームオタクたち。

などという、深夜の酔った勢いで決めたようななんともB級ムード漂う設定を本気で制作するのは、『ハリー・ポッター』シリーズなどを手がけたクリス・コロンバス監督。主演に『ナイト・ミュージアム』などのアダム・サンドラーを迎え、最高におバカ感溢れる作品となっていることが期待されます。国内では9月19日公開予定。

公開されたトレーラーでは、『パックマン』などのレトロキャラが街をピクセル化していく様子や『ドンキーコング』ステージに立ち向かうシーンが描写。

ティザートレーラー公開時に任天堂アメリカが『Pixels』のトレーラーに注目してね!と話していたのは、ドンキーコングがフィーチャーされていたからだったのですね。クラブニンテンドーの交換グッズにもドット絵ドンキーコングのハンカチが追加されました。

【ストーリー】
今から30数年前、NASAが宇宙人との交流を夢見て“人間”を・・”地球“を・・深­く知ってもらうための紹介映像を宇宙に向けて発信、その中には 当時大流行していたゲームの映像も送られた・・・
ところが受信した宇宙人は、それを友好のメッセージではなく挑戦状ととってしまったか­ら、さあ大変。
彼らは地球が発信したゲームキャラクターに扮し、現代の地球を侵略しにやってきたのだ­!
巨大ギャラガがワシントンDCの空に現れ、ニューヨークではパックマンが大暴れ!夜空­にうごめく大量のセンチピードを捕えようと、アメリカ軍隊と必死の銃撃戦を繰り広げる­が、全く歯が立たない! なぜなら彼らは触れたもの、攻撃したものすべてを カクカクとブロック状に、ピクセル化させる“すご技”を持っていた!
しかし!!そんな彼らの弱点を見抜いた男たちが現れる。彼らは 80年代当時 ゲームチャンピオンの名をほしいままにしていたにも関わらず、今は“ただの大人・・”­になってしまった 最強の元ゲームオタクたち!
はたして彼らは、バクバクと街を食べまくるパックマンの暴走を止めることができるのか­? ドンキーコングから次々と放たれる“樽”攻撃をかわし、ゲームクリアできるのか?それ­とも人類は全滅してしまうのか――。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で