バーン・アフター・リーディングコーエン兄弟によるブラック・コメディー。些細な勘違いがどんどん問題を大きくしていき・・・・・・この勘違いによる噛み合わなさを楽しめるかどうかで、評価が分かれそう。キャストは豪華だし、音楽も無駄に大作指向で意味深だし。まあ、そこがまた可笑しいところでもあるんだけど。

CIA の機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャドとリンダ。チャドはそれを利用して一攫千金を狙う大胆な計画を思いつく。そのころ、元CIA諜報員のオズボーンは、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティは、財務省連邦保安官ハリーと不倫中で…。

ゲラゲラ笑うのではなくて、クスリとしたり鼻でフフンとしてしまうような微笑いが続きます。なので、見る前に考えていた映画のイメージとは随分違うのだけれど、まあそれなりに面白かったです。豪華キャストがお馬鹿ノリ映画にこれだけ揃うというのが、そしてそれを楽しんで演じていそうなところがイイですね。

ジョージ・クルーニーであったり、ブラピであったり、ジョン・マルコヴィッチであったり。個人的にはブラピ演じるチャドをもっと見たかったところですが、まさかあんなことになるなんて。

この映画の全ては、最後の台詞に集約されているんですね。映画を見て何かを得るとか、学ぶとか、少なくともそういうものを意図しては作られていません。豪華キャストが、真剣にお馬鹿なノリを見せ、ミスリードがミスリードを生んでいく。そこに笑いを見出せるかどうかの映画でした。僕は結構こういうノリ好きだったりする。

バーン・アフター・リーディング [DVD
バーン・アフター・リーディング
原題:Burn After Reading
監督:イーサン・コーエン / ジョエル・コーエン
脚本:イーサン・コーエン / ジョエル・コーエン
出演:ジョージ・クルーニー / フランシス・マクドーマンド / ブラッド・ピット / ジョン・マルコヴィッチ / ティルダ・スウィントン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で