クリストファー・ノーラン監督によるバットマンの新シリーズ第2弾。各媒体で例外なく高評価を受けているのを目にしていながら、どうせバットマンでしょと劇場公開中はどうも気が乗らずに見逃してしまったダークナイトをようやく見た。なんであの頃は避けていたんだろうかと劇場で見なかったことをひどく後悔しましたね。


公開前に急逝してしまったヒース・レジャー演じるジョーカーのキレっぷりがすさまじくて、すごくいい悪役です。悪役にいいというのもどうかなと思うんだけれども、すごくサイコでキレていて、格好いい。パッケージトップに持ってこられるだけあって存在感バツグンです。

対してヒーローのはずのバットマンはどうかというと、なんだかお疲れの様子で弱々しい。あれれ、バットマンってヒーローじゃないの?って、このバットマン役の人、どこかで見たことあるなとよく見たらクリスチャン・ベールじゃないか!(よく見なくてもクリスチャン・ベールなんだけども、そのくらい予備知識無しで見てしまったわけですね。)。ガンカタはどうしたんだと、違う映画のツッコミを入れてみたりしながら、やけに軟弱なバットマンの物語は進んでいきます。

というのも、力でもって犯罪の抑止力となっていたバットマンに対して、法の力を用いて正当な方法で悪を裁くハービー・デントの登場で、自分の存在意義というのに疑問を抱き始めるているんですね。完全なヒーローじゃないところが日本のそれとは違うアメコミヒーロー気質。自問を続けながら闘うバットマン。それに加えて、純粋に殺人を楽しみ、人々を恐怖に陥れるジョーカーという難敵。自分の役目はもう終わったんじゃないかと弱気になるのも仕方が無い。

もう1人の敵としてトゥー・フェイスが出てきます。彼は顔半分がややグロいことになってしまうのだけど、グロテスクなのはそこくらいれ、他の場面ではこの映画血が出てこないんですよね。結構な人が死んだりする割に。そこは娯楽作品としてさすがだなーと感じました。話を見せるために気を遣っているなと。人の血が苦手なもので、なるべく映画なんかでは見たく無いんですよね。不要です。

そしてジョーカーや、トゥー・フェイスと、さらには自分とも闘いながら、それにどう決着をつけるのかという白熱する展開。アクションはハリウッド映画なので、派手で、バトルシーンも大味なんですけど、まあそれはそれとして割り切って見られたかな。香港映画のような殺陣の美しさは期待してはいけません。それでも話の面白さが勝り、最後まで一気に見ることが出来ましたね。152分あっという間でした。

ダークナイト 特別版 [DVD
ダークナイト(字幕版)
ダークナイト
原題:THE DARK KNIGHT
監督: クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン / ジョナサン・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール / マイケル・ケイン / ヒース・レジャー / ゲイリー・オールドマン / アーロン・エッカート / マギー・ギレンホール / モーガン・フリーマン
公開年:2008年
時間:152分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で