テリー・ギリアム監督、ヒース・レジャー主演によるファンタジー映画『Dr.パルナサスの鏡』。映画館でも見て、DVDでも見てっていう何度も楽しめる作品でした。ヒース・レジャーの演技力もさすがだし、人のイマジネーションを具現化した、パルナサス博士の鏡の中の世界もお見事。そしてお人形のようなヴァレンティナのスタイルの良さ。そりゃ貢ぎ物として悪魔にも狙われちゃうよね。

現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレンティナ、曲芸師のアントン、そして小人のパーシーが一座のメンバーだ。ある晩、博士の前に悪魔のニックが現れる。博士はかつて悪魔と不死と引き換えに、「娘が16歳になったら差し出す」取引をしていた。一方、ヴァレンティナは橋で若い男トニーを助ける。記憶喪失の彼はそのまま一座に加わるが、それは悪魔の企みだった。

「ダークナイト」そして「Dr.パルナサスの鏡」と彼を見て、鬼気迫るというか鳥肌の立つような演技力を亡くしてしまったのはただただ惜しいなあという他無いんですが、最後の作品も素晴らしいものでした。友情出演している3人もしっかり物語に入ってます。

人のイマジネーションを具現化した鏡の中の世界は、想像の世界だからこそバラエティー豊かで色彩に溢れ、時に人の黒い部分も描写されていて良かったなあと思う。好き嫌いあるんだろうけど、個人的にこの不思議な世界観を楽しめたのは良かったなあと思うし、敵役である悪魔もユーモアがあって面白かった。

Dr.パルナサスの鏡
原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus
監督:テリー・ギリアム
製作: ウィリアム・ヴィンス、エイミー・ギリアム、サミュエル・ハディダ、テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン
音楽:マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ
出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ヴァーン・トロイヤー、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で