全く事前知識無しで見たために、オープニングの展開から驚いてしまった映画『P.S.アイラヴユー』。しかし、予備知識無しでもストーリーが進行するにつれて徐々に彼らカップルの馴れ初めが明かされていく展開だったので置いてけぼり食わずに済んだ。よかった−。

世界42カ国でベストセラーになった純愛小説を、『プラダを着た悪魔』の制作陣×『マディソン郡の橋』の脚本家が完全映画化。だそうです。原作は500万部を越えるベストセラーになったんだとか。へぇー。

主人公ホリーにはヒラリー・スワンク、恋人のジェリー役にはジェラルド・バトラー。このジェリーがかなりいい味を出してくれています。そりゃこんないい旦那が急に居なくなっちゃったらなかなか立ち直れないよね。周りから愛されていることも見えなくなってしまうだろう。そんな悲しみで自暴自棄になっているホリーのもとに手紙が届いて、手紙の指示に従って彼女は動きだす。勿論右肩上がりで回復していくわけではない(それだったら物語にならないだろうし)けど、浮き沈みしながら少しずつ、別れを受け入れて、自分の目標も取り戻して新しい人生が始まる。

一心同体が如く傍に寄り添っていてくれる女友達は、さながらSATCっぽいのだけど、想い出を共有出来る関係っていいですよね。女性同士だからありなんだろうけど。あちらではああいうのが普通なんだろうか。国内海外問わず、女性同士の友情では自然な形なんだろうか。まあいいや。突き放しつつも、しっかりと娘を見守っている母ちゃんも最高でした。親は大事ですね。アイルランドの景色と、James Blunt の主題歌『Same Mistake』も素敵でしたよ。こてこてのロマンスじゃなくて、コメディ要素も入っているので、所々くすりと笑いながら見ることが出来ました。ホリーの友人デニースが最高に面白くて、デニースの結末の方も気になってしまいます。

本編を一通り見終わってから、収録されていた予告を見る。こ、これ殆どネタバレじゃないか!王様のブランチのDVDコーナーかっていうくらいに。見なくて良かったわー。

P.S.アイラヴユー プレミアム・エディション [DVD
P.S.アイラヴユー
出演: ヒラリー・スワンク, ジェラルド・バトラー, キャシー・ベイツ, ハリー・コニックJr., リサ・クドロー
監督: リチャード・ラグラヴェネーズ
ジャンル:ドラマ、恋愛

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で