KDDIは8日、スマートフォン/ケータイとタブレット/PC間でデータ容量を共有できるサービス「データシェア」を、6月11日より提供開始すると発表しました。

「データシェア」は、“同一名義”の4G LTEスマートフォン/ケータイと4G LTEタブレット/PC間で、データ容量をシェアできるサービス。個人で複数デバイスを利用している場合、このサービスを利用することにより、データ通信容量を無駄なく利用することが可能に。

kddi_au_datashare

対象機種はiPhoneやiPad、4G LTEスマートフォン、4G LTEケータイ、4G LTEタブレット、4G LTE対応PC。対象のデータ定額サービスや料金プランは「データ定額2/3/5/8/10/13」や「LTEフラット for Tab」など。月額利用料や登録料金は発生せず、申し込みも不要。設定だけで利用可能になります。

1つのauIDに対して、スマートフォンを1台、タブレット/PCを5台の最大6台まで紐付けて利用できるとのこと。

また家族間でデータを送りあえる「データギフト」にも対応しており、効率よく月々のデータ通信量を消費することができます。

なお、2014年5月23日から行われている「はじまる! データシェアキャンペーン」は、「データシェア」の開始に伴って、2015年7月31日をもって受付を終了するとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で