後は端末価格と料金プランなんて書いてるうちに発表があったみたいですね。

  • 月額980円の「ホワイトプラン」
  • 月額5,985円のデータ定額制プラン「パケット定額フル」
  • 月額315円の「S!ベーシックパック」
  • 合計、月額7280円

ホワイトプランは他の通話プランに勿論変更可能だそうですが、通信プランの5,985円(パソコンから接続した場合の通信はやっぱり別途課金)はちょっと高いですね。この通信部分は各社かなり高めなんだけど安くできない部分なんですかね。auのダブル定額上限の4,200円でもかなり割高に感じるのに、約6,000円というのはちょっとどうなんだ。PCのISP+ネット接続料金でもここまでしないさ。モバイル端末だと仕方ないのかな。

端末価格については、直営店のソフトバンクショップで新規契約、新スーパーボーナス24回分割払いで購入した場合、8Gバイトモデルは月額2880円、16Gバイトモデルは同3360円となる。いずれも、月額通信料金から毎月1920円が割り引かれるため、実質負担額については8Gバイトモデルの場合2万3040円、16Gバイトモデルの場合は3万4560円となる。「ホワイトプラン(i)」「パケット定額フル」「S!ベーシックパック(i)」と合わせた月額の支払額は8Gバイトモデルが月額8240円、16Gバイトモデルが8720円だ。

端末価格はやっぱり安め。これはいいなあ。けど料金プランがあれなのでサブで持つにはちょっと高いか。勝手に過熱気味だった物欲を抑えるには丁度良い値段だと言えなくもないです。

nanoかtouchの新モデルを大人しく待とう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で