au 2009秋冬+2010春
auから19日、2009年秋冬から2010年春にかけて新たに13機種、及び新料金プランが発表になりました。既に発表済みの『iida』ブランドその他端末と合わせると全20機種を、秋冬以降のラインナップとしています。発売は10月下旬から。

  • EXILIMケータイ CA003 / カシオ―12.2メガ&3倍超解像デジタルズーム&ダイナミックフォト
  • AQUOS SHOT SH003 / シャープ―12.1メガ&3.4インチタッチ操作
  • AQUOS SHOT SH006 / シャープ―Wi-Fi + 12メガCCDカメラ搭載
  • EXILIMケータイ CA004 / カシオ―顔検出オートフォーカス、オートリサイズズームなど
  • BRAVIA Phone U1 / ソニー・エリクソン―防水だからお風呂でも〈ブラビア〉の高画質で楽しめる
  • SH004 / シャープ―画像処理エンジン「ProPix」搭載
  • SA001 / 京セラ―11.9mmのスリムなワンセグスライド
  • T003 / 東芝―世界最薄、防水ケータイ
  • SH005 / シャープ―選べる7色防水スリム
  • S002 / ソニー・エリクソン―誰にでもフィットする、コンパクトボディ
  • URBANO BARONE / ソニー・エリクソン―洗練されたデザインと充実の機能
  • 簡単ケータイ K004 / 京セラ―見やすく、押しやすく、分かりやすい
  • mamorino / 京セラ―見やすく、押しやすく、分かりやすい

今回発表された13機種はいつものように折り畳みを主流としていて、良くも悪くもauらしいデザインのものが多いですね。薄さであったり、カメラの画素数を気にしてカメラ携帯を作っているのも相変わらずです。

ユーザーはそういうところを重要視しているのかな?注目されていたコンシューマー向けのスマートフォンは今回も発表されませんでした。

ガンガンメール
そして、新料金プラン「ガンガンメール」が登場。
「プランEシンプル(フルサポートコースはプランE)」は誰でも割との組み合わせで、月額料金が780円(1,680円)になり、EZ WIN315円と合わせて、月額1,095円(1,995円)から国内のEメール通信がキャリアを問わず無料で行えます。EZwebの通信に関しても、これまでのダブル定額と同様に上限は4,410円と定額サービスがセットになっています。パケット料金はダブル定額スーパーライトと同額の0.105円/パケット。

通話料金は無料通話料を含んでいないようですが、シンプル/フルサポートプランの最安プランであるプランSシンプル/プランSSと同額の21円/30秒なので、メールを主としていたり、月々の最低利用料金を引き下げたいにユーザーにとっては、かなり魅力的なサービスなんじゃないかと思いますね。サービス提供開始日は11月9日からとなっています。

なお、今回の発表はtwitter(@au_official)でも実況されていましたが、肝心の質疑応答だったりプレゼンの内容については触れられず。詳しくはWEBでよろしく、詳しい情報は外部サイトの記事を見てねと言うことで、担当者の盛り上がりとは裏腹に周囲はやや盛り下がっていたようです。僕も流し見しましたが、やや肩透かしかなと感じました。auもtwitterに進出してきて何をしてくれるのだろうと期待していたので、残念です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で