アップルは7日、App Storeからダウンロードされたアプリが400億本を突破したことを発表しました。そのうちのほぼ半数が、2012年中にダウンロードされたもので、12月には月間20億本以上と過去最高に。iOSデバイスの急普及が読み取れます。


App Storeには世界155ヶ国から5億アカウント以上のアクティブなアカウントが登録されており、775,000本以上のアプリがストアに登録されてるということです。

アップルのインターネットソフトウェアおよびサービス担当シニアバイスプレジデント、エディー・キュー氏は「iOSデベロッパコミュニティーにとって、とても素晴らしい年でした。デベロッパはApp Storeから、総額70億ドル以上の収益をあげました。Appleは今後も、デベロッパが世界で最も革新的なアプリケーションを作ることができるよう、最高のエコシステムを提供するための投資を続けます」とコメントしています。

App Storeのアプリダウンロード数は、2011年7月に150億本を突破。2012年3月には250億本突破が発表されていました。

なおこの400億本は新規にダウンロードされた件数で、再ダウンロードやアップデートは含まないとのこと。

iPad miniで新たなユーザーも開拓しているので、今後さらに伸びていきそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で