「iOS 6」の最も大きな変更点の1つに標準マップアプリの変更があります。Google製からアップル製のマップに変更され、そして残念なことに日本地図のクオリティは今ひとつふたつ…。というかネタアプリと化している問題児。

新宿駅付近を見てみた

使ってみないことにはそのクオリティはわからないと、アップル独自のマップで新宿駅を検索。

更地か。

札幌駅周辺を見てみた

あらすっきり。JR北海道の線路ありません。

YouTubeアプリのように、Googleから公式アプリが出るか、アップルが早急に対応してくれるといいのだけれど、現状まだそんな様子もなく。そこで急場しのぎというか、代替手段を探してみました。

1. WebのGoogleマップを使う

SafariからGoogleマップ「https://maps.google.co.jp/」を開き、ホーム画面に保存。これまでの標準アプリと同じ使い勝手とは行きませんが、ピンチインアウト、位置情報から現在地の表示、ルート検索もできます。

こんな感じ。はい、いつもの見慣れたマップです。

2. アプリで代替

アプリの代替にはアプリでということでアプリも探してみた。標準Googleマップに依存していたアプリは置き換わっているためおそらくまともに使えません。

posted with ポチレバ

まずはGoogleでなんかあるだろうと思って探していたら見つけた「G-Whizz」。Googleが提供しているサービスを1パックにまとめたブラウザアプリ。Web版Googleマップが表示されるようで、機能も同じ。

なので紹介しておいてなんですが、わざわざこのアプリを入れなくても、Googleマップをホーム画面に追加しておけば済むかもしれない。

こんな感じ。一緒。

無料
(2012.09.20時点)
posted with ポチレバ

次は無料アプリのマピオン。「無料」かつGoogleマップの「代替」とすれば今のところ本命だろうか。あまり使ってなかったから表示が見慣れないけども、そのうち慣れそう。ただルート検索ができません。

表示はこんな感じ。

2,300円
(2012.09.20時点)
posted with ポチレバ

有料も。

やや高額でアプリ容量も大きめですが、機能充実の本格的な地図アプリ「Mapfan for iPhone」。無償提供期間中にインストールしていたらしく、既にダウンロード済みでした。アプリサイズが大きいのはローカルに地図を収録しているからで、そのためオフラインでも表示が可能です。。

ピンチインアウト、ナビ機能、現在地追従機能など。

こんな感じ。

ただMapfanは便利ではるのだけど、アプリサイズが1.5GBと大きいし、現行価格も2,300円なので、これまで無料でお世話になっていたアプリの代替としてはちょっと難しいですね。この際有料アプリに乗り換えてしまうのも手かもしれませんが。

iPhone 4SまでのユーザーはiOS 6にアップデートしないという選択肢もありますが、iPhone 5ユーザーはiOS 6が最初からインストールされていますから、これまでの標準マップアプリを見ることすら出来ない。問答無用でアップルのマップに置き換わっています。

使わないうちは、おかしな登録地名でもネタとして笑えっていられますが、マップアプリは利用頻度が結構高いからね。置き換わってわかるマップアプリありがたみ。

代替から本命に昇格するのが先か、Googleマップアプリが出るのか、あるいはアップルのこのマップアプリ精度が向上するのが先か。使い慣れているのでGoogleマップアプリ早く帰ってきて!というのが本音だったりしますが、出るのかなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で