アップルから『iOS 5.1』がリリースされました。音声アシスタント「Siri」が日本語に対応したほか、バッテリーの問題も改善しているようです。auのiPhone 4SユーザーにとってはFaceTimeおよびiMessageのサポート開始も嬉しいところですね。


バージョンアップでの修正内容はずらーっと以下の通り。なぜか削除できなかったフォトストリームの写真も削除できるようになりました。他にはロック画面にカメラボタンが常時表示されるようになるなど細かい変更点が加えられています。

個人的に気になっているのはWi-Fi Syncのエラーが頻発することなんですが、改善しているんでしょうか。暫くiTunesを起動しっぱなしにして様子を見てみたいと思います。

このアップデートには、次のような機能向上とバグ修正が含まれています:
Siriで日本語をサポートします(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合があります。)
フォトストリームから写真を削除できるようになりました
iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになりました
カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるようになりました
iPad用のカメラAppを再設計しました
iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化しました
再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加しました
バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました
発信側の音声が途切れることがある問題を修正しました
このアップデートのセキュリティ内容については、次のWebサイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

ようやく日本語対応したSiriに、さっそく色々なパターンを話しかけてみた人が大勢いる様子。僕も色々話しかけてみましたが、なかなか面白いですね。Webで検索してはいかがですか?などと、いきなり代替方法を提案されたり。あなたに聞いているのに!ツンデレなの・・・?

NAVERまとめでは様々な会話がまとめられているので一部シェア。意外な反応があって面白いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で