KDDIは27日、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」のサービス拡充を発表しました。具体的には2点、3月1日から利用可能なWi-Fi搭載デバイスが拡大される他、国際ローミングサービスの提供が開始されます。


「au Wi-Fi SPOT」は現在、auスマートフォンのみで利用可能なサービスですが、「au ID」を取得してPCと連動設定を行い「au Wi-Fi接続ツール」で設定することで、スマホに加えてもう1台のWi-Fi搭載デバイスで「au Wi-Fi SPOT」が利用可能になります。利用料金は無料。利用可能な機器の詳細は3月1日より公式サイトで確認することができます。

国際ローミングサービスは、事前申し込みする必要無く、海外100以上の国と地域でインターネット通信が可能になるサービス。通信料金は1分27円で上限は1日1,480円となっています。こちらも「au Wi-Fi接続ツール」で設定することによって、PCやタブレットといった他デバイスでもサービスを利用可能。

「au Wi-Fi SPOT」は先日スポット数が7万を超え、2012年3月末までに10万ヵ所への設置を目指しています。

auユーザーなら追加料金なしでスマホ以外の端末をWi-Fiに接続できるようになるのは便利そうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で