IPサイマルラジオ「radiko.jp(ラジコ)」を運営する株式会社radikoは27日、は4月2日より「ラジオNIKKEI」と「放送大学(ラジオ)」を全47都道府県へ配信開始することを発表しました。民放ラジオ局の配信地域外でもPCやスマートフォン用アプリを利用して「ラジオNIKKEI」と「放送大学」が聴取可能となります。


また、同日より民放ラジオ7県11局が新たに参加し、各県内で半年後の本配信を目指して実用化試験配信を開始します。これで参加ラジオ局は65局と(+放送大学)なりました。

radikoの調査によれば、2012年1月のユニークユーザー数は780万人とこの1年間で約2倍に拡大。アプリやガジェットにより手軽にラジオを聴くことが出来るほか、女性や若年層の割合も増えているそうです。

4月からは音声と連動した広告が表示される「SYNCRO AD(シンクロアド)」と呼ばれる仕組みもはじまるそうで(現在も一部番組でテスト運用中だとか)、これにより直接番組と連動した商品やサービスへの誘導・販促が期待できるとのこと。リスナーにとって全く関係ない広告が出るよりも、聴いている番組に関連したものなら興味を惹くケースは増えるでしょうね。

4月2日から参加するラジオ局

  • 岩手県:IBC 岩手放送
  • 宮城県:東北放送
  • 福島県:ラジオ福島
  • 新潟県:新潟放送、エフエムラジオ新潟、新潟県民エフエム
  • 富山県:北日本放送、富山エフエム放送
  • 大分県:大分放送、エフエム大分
  • 宮崎県:宮崎放送

1月30日より参加したラジオ局

  • 福井県:福井放送
  • 島根県・鳥取県:山陰放送
  • 長崎県:長崎放送、エフエム長崎
  • 熊本県:熊本放送、エフエム熊本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で