ソフトバンクモバイルが行っている、iPhone 3G/3GSユーザーのiPhone 4/4Sへの実質無償機種変更キャンペーンの対象が拡大されました。この実質無償機種変更キャンペーン、発表当初は割賦支払金の残っているユーザーのみが対象でした。


一括購入者に対してのフォローがなく、不公平感もあって、ユーザーから不満が出てしました。twitterでは孫社長へ直接不満をぶつけるユーザー多数。そうしたユーザーの声を受け、孫さんはいつものように「やりましょう」「検討しましょう」。そして「出来ました」。

一括購入者に対しては、購入時点での販売価格を24回払いで購入したものとして計算し、残債相当額をキャッシュバック。分割支払いの完済者、キャッシュバック額が6,000円に満たない場合、新スーパーボーナス販売価格以外で購入した場合には、一律6,000円(1月1,000円×6回)がキャッシュバックされます。

本気度の高い(危機感を強く持っている)ソフトバンクに対して、ようやくiPhoneを獲得し、ここからスマホシェアを拡大していきたいはずのauにどうもそれほどやる気を感じません。んー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で