「iPhone 4」から一年半、いよいよアップルから新型「iPhone」が発表されました。ティム・クックCEOとなってから初めての新製品発表。発表されたのは「5」ではなく「4S」。メジャーアップデートとはなりませんでした。しかし、本体性能は上がりまくり。国内販売キャリアはソフトバンク、そしてauからも!! 未来を選べたー!

iPhone 4S!! すべてが、さらに速くなる。

お披露目されたのは「iPhone 5」ではなく「iPhone 4S」。外観は「iPhone 4」と同じですが、中身はすんごい性能アップ。CPUにデュアルコアのA5を搭載し、速度はiPhone 4から最大2倍、グラフィックの速度は最大7倍にパワーアップ。

さらにカメラは8メガピクセルと画素数が6割上がった他、顔認識、手ぶれ補正を搭載。新しい光学システムでより美しい写真を撮れるようになりました。動画撮影もよりパワフルになり、720pから1080pのフルHDが撮影可能に。

アンテナシステムが再設計され、通話品質も向上。

iPhone 4 → iPhone 4S 主な違い

  • CPU: Apple A4 → Apple A5(デュアルコア)
  • カメラ: 5メガピクセル → 8メガピクセル、顔検出機能、手ぶれ補正
  • 動画撮影: 720p HD(1,280×720) → 1080p HD(1,920×1,080)
  • バッテリー: 3G通話7時間/Wi-Fi10時間 → 3G通話8時間/Wi-Fi9時間
  • 容量: 16GB/32GB → 16GB/32GB/64GB

4から4Sの変化ですら、ピックアップしただけでこれだけの違いがあります。僕の3GSから機種変したら、進化に驚きすぎて卒倒してしまいそう。64GBモデルがラインナップに加わったのも嬉しいところ。

“Let’s talk iPhone”の正体

「iPhone 4S」の最も大きな追加機能、優秀なボイスガイドシステム「Siri」。単純な音声パターンに反応するだけではなく、様々な言い回しに反応し、それを理解して回答をくれるんだとか。Siriは賢いなあ。音声操作もSiriを介して行われます。ボイスコントロールがどんどん進歩していけば、複雑な操作を気にせずにより多くの人が楽しめるようになりますね。

ただし現時点での対応言語は英語、フランス語、ドイツ語で、日本語には対応していません。対応言語は今後拡大していくそうですが、アップルの日本版サイトにはSiriの紹介はなく、近いうちの対応は期待できない? せっかくの目玉機能なので英語に切り替えて使えると面白そう。

iPhone 4S、予約は10月7日から。発売は10月14日!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で