アップルが7日午前2時より開催した「WWDC 2011」にて、iPhone/iPod touch/iPad向けの次期OS『iOS 5』が発表されました。200以上の新機能が追加され、iOS端末がより便利に、よりパワフルに。対応端末は、iPhone 3GS / 4、第3 / 4世代 iPod touch、iPad / iPad 2で、リリースは今秋。


基調講演で発表されたのは、10の主要機能と、プラス幾つか。

  • Notification Center
    • ユーザーへの通知がひとまとめになり、アクセシビリティが改善されます。通知はポップアップからディスプレイ上部の通知センターに集約され、新着順に参照できます。また、株価や天気のクイック確認も可能。
  • Newsstand
    • iBookのように、新聞や雑誌のアプリをまとめて管理できるように。新しいコンテンツは自動でダウンロードされます。個別で管理せずに済むようになりますね。国内出版も多く参入するかな?
  • Twitterのサポート
    • 標準のカメラや写真、地図などのアプリから直接Twitterへ投稿できるように。SafariやYouTubeからもツイートできるみたい。
  • Safari
    • タブブラウジングの実現。Webページから記事本文だけを抜き出して読める「Safari Reader」機能、「あとで読む」をiOS間で共有できる「Reading List」機能。
  • Reminders
    • ToDo管理アプリ。位置情報と連動し、時間だけではなく場所もToDoのトリガーに。
  • Camera
    • ロック画面からそのまま起動、撮影が可能に。ピンチ操作でのズーム、グリッドの追加、AE/AFロック、切り抜き・回転といった編集機能の追加。純正はあまり使わないので、他社のカメラアプリを登録できると良いな。
  • Mail
    • リッチテキスト入力(太字、斜体、打ち消し線など)、インデント(字下げ)対応、アドレスのドラッグ&ドロップ操作、フラグ追加、S/MIME対応、メッセージ全体の検索。そしてキーボードのセパレート化。パカーンと2つに分かれている画は衝撃的。でも打ちやすくなりそう。
  • PC Free
    • 初期設定や、OSアップデート時のPC接続が不要に!アップデートは差分をダウンロード。データのバックアップや復旧には、無料で提供されるクラウドサービス「iCloud」が活用されます。さらにiTunesライブラリも、電源に接続したときにおなじネットワーク内のWi-Fi経由で同期・バックアップが行われるようになります。iOSデバイスがPCへの有線接続から解放される時がやってきますね。これは嬉しい!
  • Game Center
    • ゲームセンターから直接ゲームの購入が可能に。フレンド機能も強化。
  • iMessage
    • テキスト、写真、ビデオ、連絡先の送受信の他、グループメッセージングにも対応。

この他にも幾つか発表があって、それもこれも含めて200以上の新機能が含まれる「iOS 5」。これだけ盛りだくさんだというのに、iPhone 3GSもまだ対応端末に含まれているのはありがたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で